ワキガ治療ガイドTOP » ワキガと年齢の深い関係|年代によってワキガの原因は異なる

年齢によって異なるワキガの原因

ワキガの発症確率は年代によって偏りがあり、その年齢を過ぎると、自然と症状が軽減していくという場合も少なくありません。ですが、ワキガの原因も様々で、「ワキガが発症しやすい」と言われる年齢以外で発症することもあります。こちらでは、年齢別のワキガの原因や傾向についてご紹介しているので、症状改善の参考にしてください。

ワキガの臭いに年齢は関係あるのか

ワキガを引き起こすアポクリン腺は、赤ちゃんの頃から誰でも持っているものです。親から受け継ぐ体質なので、早ければ10代に入った頃からワキガに悩む場合もあるようです。一般的に、アポクリン腺が発達してくるのはちょうど思春期の頃(10代はじめ~中頃)からであり、その後徐々に発達をして、成年~20代にピークを迎えます。ワキガの臭いも、この成長に応じて徐々に強くなっていきますが、年齢を重ねるごとに弱まっていくのが一般的です。一説には、ワキガは性ホルモンと密接に関わっているとも言われています。人間の性ホルモンが活発にはたらくのは思春期から30代くらいまでの期間であり、この間は一時的にワキガの臭いが強く出る場合があります。しかし、年齢を重ねてもワキガの臭いに悩まされる方はいます。というのも、ワキガ体質は遺伝性の体質であり、30代を超えたからといって体質が完全になくなるわけではないからです。また、子どもの頃と大人になってからでは生活環境やストレスレベルが大きく変わる方が多く、そのような環境の変化によってワキガが強くなることも考えられます。その他にも、食べ物の変化によって体臭が濃くなるケースもあります。

年齢別で見るワキガの原因について

10代は性ホルモンの過剰分泌が原因

10代のワキガの主な原因となるのは、性ホルモンが急激に分泌されるようになることです。女性ホルモンや男性ホルモンは、汗腺の機能を活発にさせる働きがあります。体の成長に伴って制ホルモンが大量に分泌されることで、ワキガの症状が現れる場合が多くなるでしょう。

20代は性ホルモンとストレスが原因

10代と同じように、20代前半は性ホルモンの分泌が過剰な時期です。そのため、10代と似た傾向と言えますが、20代の場合はそれに加えて、様々なストレスが原因になってくると考えられます。社会人となって生活環境が変われば、ストレスを感じることも多いはず。ストレスによって交感神経が優位になると、汗腺の働きは活発になります。

30代はストレスに加えて出産の影響も

30代は責任のある仕事を任されるようになる年代で、その事によるストレスでワキガの症状が現れることもあります。また、家事や育児、人間関係のストレスなども考えられます。さらに、出産によって女性ホルモンのバランスが崩れ、汗をかきやすい体質になることも原因のひとつです。

40代は更年期による汗や皮脂の増加が原因

更年期は閉経前後10年間のことを指すため、40代で更年期が訪れる方も少なくありません。更年期になると女性ホルモンのバランスが崩れ、汗や皮脂の量が増加します。汗と皮脂が混じった状態になったワキは、他の年代の方のワキに比べて、常在菌が繁殖しやすい状態になっているでしょう。

ワキガを発症しやすいのは10~20代

ワキガの症状が現れやすいとされる年代は、10~20代の思春期の頃だと言われています。先にご紹介したように、性ホルモンが大量に分泌されることに加え、学校や運動、通勤、通学などで汗をかきやすい環境にあることも影響しています。軽度のワキガの方であれば、この年代を過ぎれば自然と臭いが気にならなくなることもあるようです。

ワキガは年齢とともに悪化するのか

子どもから見れば、大人になるほどにワキガの臭いは強くなり、悪化していくと考えられます。しかし大人になれば、ある程度の年齢を過ぎた頃からは加齢臭の方が強くなっていきます。(※臭いの程度には個人差があります)いわゆる「加齢臭」は、ワキガとはまったく別のものであり、ワキガは逆に年齢に関係のない体質であるため、年齢とともに悪化するものではありません。また、年齢を重ねてもアポクリン腺を除去したり、ワキを清潔に保つことによって、若い頃よりもワキガが目立たなくなるというケースもあります。ワキガは年齢とともに悪化するというものではなく、普段からこまめなケアをしていくことで、より良い結果につながります。

突然のワキガ発症は心と体の不調が原因

症状が現れやすい10~20代でワキガではなかったのに、その後突然ワキガの症状が現れるという方もいます。その場合は、ストレスなどによる心理的な変化や何らかの疾患によって、急に汗が増加したという可能性も考えられるでしょう。出産後から更年期の女性は「甲状腺機能亢進症」を発症する方も多いですが、甲状腺ホルモンの分泌が多くなっている場合も、汗腺の働きが活発になるためワキガが気になる場合があります。

ワキガの手術に適した年齢

ワキガの手術は、ある程度アポクリン腺が発達してからでなければ効果が少ないと言われています。特に思春期のお子さんの場合、アポクリン腺を除去しても未発達のアポクリン腺が後から大きくなってきて、ワキガの臭いが完治しない可能性があります。アポクリン腺の切除や除去を行っているクリニックなどでは、手術の可能年齢を「20歳以上から」と定めているところもあります。そのような場合、10代の方は治療ができませんので、数年待ってからの治療をおすすめします。しかし、子供のワキガ治療も提供しているクリニックはありますので、諦めずにきちんとリサーチをしましょう。

年齢別の原因を知って効果的なワキガ対策を!

ご紹介してきたように、ワキガの原因は年齢によって異なっているため、その原因に合わせて対策を行っていかなければなりません。10代や20代の方は成長に伴う体の変化が原因となっている場合も多いので、臭いの対策をすることが大切。ですが、30代以上の方は体や精神面の不調が原因の場合もあるため、それらの根本的な対処も必要になってくるでしょう。原因の解消が難しい場合は、臭いの発生源であるアポクリン汗腺を治療するのも一つの方法です。

10代のワキガの原因と対処法について

10代の頃は運動や学校などで汗をかきやすく、ワキガの臭いに悩んでいるという方も多いでしょう。そこでこちらでは、10代のワキガの原因と対策法、臭い予防から病院でできる根本治療についても紹介しているので是非参考にしてください。

20代のワキガの原因と対処法について

20代のワキガは、10代のワキガの原因である性ホルモンの分泌に加え、生活環境や仕事へのストレスが加わって発症している可能性があります。こちらではその原因と対処法についてご紹介しているので、原因に合わせた対策法を行っていきましょう。

30代のワキガの原因と対処法について

30代では、様々な条件が重なると、一気にワキガの症状が悪化してしまう可能性もあります。特に女性の場合、ワキガになりやすい環境が揃ってしまうこともあるので注意が必要です。こちらでは、30代の方のワキガの原因や対策方法についてご紹介していきます。

40代のワキガの原因と対処法について

40代でワキガの症状が気になってきたという場合、アポクリン汗腺とは違う部分に原因がある可能性もあります。そのため、汗腺や汗の対策以外に、体を整えることも大切。こちらでは、40代の方のワキガの原因、対処法、予防法についてご紹介します。

根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP