芳仁皮膚科医院
ワキガ治療で有名な
病院・クリニック一覧

ワキガ治療で評判★芳仁皮膚科医院

芳仁皮膚科医院では、皮膚科でメスによる切開しない治療をメインに行っているクリニック。
ワキガ治療はボトックス注射に対応しており、これまでに多くの症例を経験しています。

芳仁皮膚科医院

引用元:芳仁皮膚科医院公式サイト
(http://www.houjinhihuka.com/)

ここがポイント!芳仁皮膚科医院の
ワキガ治療が口コミで評判なワケ

メスを使わない治療で最上級の美を目指す

美容皮膚科、一般皮膚科、アレルギー科、美容内科を標榜している芳仁皮膚科医院。診察、治療、経過観察まで院長が一貫して対応しています。
主にシワやシミ、たるみ、あざやほくろ、そして多汗症・ワキガ治療に対応。メスを使用する手術はせず、レーザー治療や注入治療、ピーリング治療などを行っています。
「切らない美の追求」にこだわり、患者さん一人ひとりに合った治療を心がけているよう。ワキガ治療においてはボトックス注射をメインに行っており、軽度~中度の症状をもつ患者を対象に治療されています。

芳仁皮膚科医院ではどんなワキガ治療が行われている?

芳仁皮膚科医院では、以下のようなワキガ治療を提供しています。

ワキガの治療方法はボトックス注射のみ

芳仁皮膚科医院が行うワキガ治療はボトックス注射のみ。ボトックスとは、ボツリヌス菌という細菌がつくりだす、A型ボツリヌスから抽出した毒素のことです。
ワキに注入することで汗の量を抑え、多汗症やワキガの症状を軽減。ボトックス注射は根本的な治療ではなく、ワキガの原因となるアポクリン汗腺そのものを除去するためには切開手術をしなければなりません。
しかし、軽度~中度のワキガであれば、ボトックス注射でも効果が期待できるよう。施術時間も短くダウンタイムも少ないため、「ワキの臭いや汗の量が気になるけど手術は怖い」という方におすすめの治療です
ボトックス アラガン社(米国製):66,000円(税込)~(両ワキ)
ボトックス ニューロノックス(韓国製):55,000円(税込)~(両ワキ)

芳仁皮膚科医院のドクター情報

クリニック院長:張賢二医師

芳仁皮膚科医院の院長である張賢二医師は、もともとは医薬品製造の研究職に関心があったことから、京都薬科大学 製薬化学科を卒業した経歴をもちます。
医療の道に興味を持ち始めてから日本大学医学部で就学して、1998年に日大板橋病院皮膚科学教室に入局。皮膚科医としての経験を積み、2008年に芳仁皮膚科医院を開院されました。
いまでは10年以上の美容医療の経験と20年以上保持している薬剤師の知識を活かし、患者さん一人ひとりに対し手的確な診断と治療を心がけています。

日本レーザー医学会認定医としてシワ・シミ治療にも対応

医師経歴

1989年 京都薬科大学 製薬化学科卒業
薬剤師免許取得
1996年 日本大学 医学部卒業
1996年 都立駒込病院 内科系綜合臨床研修医
1998年 日大板橋病院 皮膚科学教室入局
2002年 シロノクリニック銀座院長 総医局長兼任
2006年以降 西部中央病院 東陽皮膚科医院
2008年6月 芳仁皮膚科医院 開院

所属学会・団体

  • 日本皮膚科学会
  • 日本レーザー医学会
  • 日本臨床皮膚外科学会
  • 日本臨床皮膚科医会
  • 日本美容皮膚科医会
  • 日本内科学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本東洋医学会
  • 日本医師会

資格

  • 日本レーザー医学会認定医
  • 日本臨床皮膚外科学会認定医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 日本医師会産業医

理念

「不必要な検査や治療を行わず、結果を出す」というモットーのもと診療にあたっている張賢二医師。患者さんに選択肢のある医療を提供し、地域に根ざした医療を目指しています。
芳仁皮膚科医院ではシワやシミ、たるみやあざ、ほくろなどの治療をメインに行っており、そのほとんどの治療を院長自ら体験済みなのだとか。実際に体験することで患者さんの立場を理解し、より安心して治療を受けられる体制づくりを進めています。
また、芳仁皮膚科医院が掲げている診療方針のひとつが「メスを使わない美容手技」。皮膚科医としての美容手技を駆使した自然な仕上がりにこだわりをもっています。

芳仁皮膚科医院の特徴を振り返って

皮膚科クリニックとして、「切らない治療」を行う芳仁皮膚科医院。ワキガ治療においてはボトックス注射のみですが、軽度~中度のワキガ症状であれば、十分効果が期待できる治療方法ですしょう。
ワキガはデリケートな悩みですが、芳仁皮膚科医院では不要な治療はせず、どこよりも丁寧な診療を心がけています。
ワキの臭いが気になるけれど、「ワキガなのかわからない」「手術は怖いから注入治療を受けてみたい」という方は張院長に相談してみてはいかがでしょうか。

芳仁皮膚科医院の
予約方法・基本情報

所在地 東京都江東区富岡1-23-17
T.Tビル2F
診療時間 月・火・木・金:
9:45~12:45/14:45~18:45
(初診の方は18:30迄)
土:8:45~12:30/14:00~16:30
(土曜午後は完全予約制)
日・祝・水曜休診
TEL 03-6240-3512
URL http://www.houjinhihuka.com/
アクセス 東西線「門前仲町駅」
1番出口より徒歩1分


口コミ芳仁皮膚科医院の評判・口コミ

丁寧に対応してくれます

こちらのクリニックは予約ができないのか、待ち時間が長くて辛く感じることも。しかし、いざ診察になると先生は一人ひとりの患者に丁寧かつ親身に対応してくれるので、待ち時間があることは仕方がないことだと感じます。

根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る
ワキガ治療について

手術や注射、レーザー治療などでワキガを改善に導いてくれるのがワキガ治療です。

治療法として主なペアドライや剪除法、ボトックス注射などがあります。

標準的な費用は、ペアドライ33万円、剪除法・皮弁法(直視下摘除法)30万円、ボトックス注射10万円前後です。クリニックによって治療法や費用は変動しますので、詳しくは各クリニックにお問い合わせください。

ワキガ治療のリスク・副作用について

ペアドライのリスク・副作用として術後の赤みや黒ずみなどがあげられます。

剪除法のリスク・副作用として手術痕が残る、皮膚が突っ張る、安定するまで激しい運動が出来ない恐れがあります。

ボトックス注射のリスク・副作用として効果の持続期間が短い、濃度が的確でないと効果が出ないなどが考えられます。

クリニックの治療法によってリスクや副作用は異なります。詳しくは各クリニックにお問い合わせください。

未承認機器について

ペアドライ、ウルセラドライ、ビューホット、レーザー治療は未承認機器を使用した治療法です。国内で承認された機器には、ミラドライがあります。ウルセラドライはFDA認定を受けている機器です。入手経路についてはクリニックによって異なるため、詳細はクリニックへお問い合わせください。

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP