東京中央美容外科
ワキガ治療で有名な
病院・クリニック一覧

ワキガ治療で評判★東京中央美容外科

美容外科形成外科「東京中央美容外科」では、多汗症・ワキガ治療にさまざまな方法で対応。ワキガの原因となるアポクリン汗腺を治療する剪除法、超音波法、超音波ハイブリット、ダウンタイムの少ない超音波シェービング法(新宿院・渋谷院限定)、手術が怖い患者さんでも受けやすいボトックス注射など、患者さんの症状や希望によって適した治療方法を選択できます。

東京中央美容外科

引用元:東京中央美容外科公式サイト
(https://aoki-tsuyoshi.com/)

ここがポイント!東京中央美容外科の
ワキガ治療が口コミで評判なワケ

治療費用をできる限り抑えた価格設定

東京中央美容外科では、治療品質にこだわりながらも低価格の施術を目指しています。
価格を抑えられる理由は、統括院長の青木医師の人脈によるもの。以前勤めていた大手美容クリニックでの人脈を活かして、治療に必要な機器や消耗品の調達コストを下げることができるからだそうです。
東京中央美容外科は、すべての美容メニューにおいて全国での価格調査を実施。それを踏まえた価格設定を行っているため、国内トップクラスの低価格が実現しています。
「できるだけ費用を抑えながらもしっかり治療したい」という患者さんのニーズを満たしてくれるクリニックと言えるでしょう。

アフターケアが充実

東京中央美容外科は、施術保証や返金制度などのアフターケア体制も完備。万が一、治療においてトラブルが発生した場合には修正・回復・アフターケアなどの必要なことはすべて無料で対応してくれます。
ほかにも、他院でのワキガ治療後に「ワキガ治療したのにまだ臭いが気になる」という場合にも、東京中央美容外科で他院修正を実施。ワキガの臭いがなくなるまで治療とアフターケアを徹底してくれるため、安心してお任せできます。

新宿院・渋谷院限定の「超音波シェービング法」も人気

東京中央美容外科では新宿院・渋谷院限定で「超音波シェービング法」を用いたワキガ治療も人気。
超音波シェービング法では、数mmの切開をしてプラスドライバーの形をした器具を患部に挿入します。器具から直接アポクリン汗腺に照射し、熱ダメージを与えてアポクリン汗腺を吸引。術後に抜糸の必要もなく、腫れや内出血などのダウンタイムも少ないところが魅力です。

東京中央美容外科ではどんなワキガ治療が行われている?

東京中央美容外科では、以下のようなワキガ治療を提供しています。

切る治療法

剪除法
ワキを切開してアポクリン汗腺を直接取り除く方法です。
麻酔注射を打ったあとにマーキングに沿って3~4cmほど切開したあと、皮膚を裏返してアポクリン汗腺をハサミで切除。その後に縫合してから、約7日後に抜糸をおこないます。
剪除法:272,800円(税込)
超音波法
超音波の振動を用いてアポクリン汗腺を破壊・乳化して吸引する方法です。
治療の流れとしては麻酔注射後にワキを1~2cmほど切開し、ペンのような細い器具(ハンドピース)を挿入します。なお、挿入したハンドピースからミストが噴射されるため、照射によってやけどすることはありません。
超音波法:90,700円(税込)
超音波ハイブリッド法
超音波法と剪除法の両方を合わせた手術。麻酔注射後マーキングに沿ってワキを1~2cmほど切開し、ハンドピースを挿入して超音波を照射します。
その後にワキの下の皮膚を裏返し、アポクリン腺をハサミで切除。剪除法に比べて切開が小さくて、費用を抑えられるところが特徴です。
超音波ハイブリット法:217,800円(税込)
超音波シェービング法
東京中央美容外科新宿院・渋谷院限定で行われている治療です。 ワキを数mm切開した後プラスドライバーの形をした器具を挿入し、超音波を照射してアポクリン汗腺に熱ダメージを与えて吸引。
縫合は溶ける糸を用いるため抜糸の必要がなく、ダウンタイムも少ないところが魅力でしょう。切開部分が数mmと小さいため、傷跡が残りにくいメリットもあります。
超音波シェービング法:391,500円(税込)

その他の治療法

東京中央美容外科ではその他にも、ボトックス注射があります。ボトックス注射ではボトックスを患部に注入して汗腺からの分泌を抑え、臭いを軽減。アポクリン汗腺を除去しないため根本的な治療ではありませんが、軽度のわきが、手術を受けたくない患者さんに向いているでしょう。
注入の痛みはツベルクリン注射と同じくらいといわれており、麻酔クリームを湿布して施術をおこなうことがほとんど。患者さんの要望に応じてそのほかの麻酔にも対応していますので、痛みが怖い方は相談するとよいでしょう。施術は約5分で終了し、ダウンタイムもほとんどありません。
ボツリヌス・トキシン(アラガン) 多汗症:28,200~46,900円

東京中央美容外科のドクター情報

クリニック統括院長・青木 剛志医師

東京中央美容外科の統括院長を務める青木剛志医師。2000年に福島県立医科大学医学部を卒業し、外科医として経験と実績を積んできました。2014年に東京中央美容外科を開院するまでの11年間は大手美容外科に勤務しており、仙台院・品川院の院長を務めました。

その後、関東を中心に東北・関西・東海・九州に合計24院を開院。「患者と働くスタッフが幸せになれるクリニックを作る」という理念のもと、業界No.1のクリニックを目指して日々邁進しています。

「綺麗になりたい」患者を日常的に気軽にサポートできる存在を目指す

医師経歴

2000年 福島県立医科大学医学部
卒業同付属病院第二外科入局
2001年 大原医療センター勤務
2002年 琉球大第一外科 勤務
2003年 北部地区医師会 外科
2004年 品川美容外科 入職
2007年 品川美容外科 仙台院院長
2010年 品川美容外科 品川院院長
2014年 東京中央美容外科 開院

所属学会・団体

公式サイトに記載なし

資格

公式サイトに記載なし

理念

美容医療を「大きな変化を加えるもの:ではなく、本来誰もがもっている「綺麗になりたい」「若々しくいたい」という欲求をもっと気軽にサポートすることだと考えている青木統括院長。美容院のように日常的かつ気軽に足を運べるようなアットホームなクリニックを目指しています。

そのほかにも品質にこだわりながらも治療の価格を抑えること、プチ整形などの体に負担の少ないメニューも充実させるなど精力的に対応。初めて美容外科を利用した患者さんが治療を受けやすい体制を整えています。

東京中央美容外科の特徴を振り返って

関東・東北・関西・東海・九州と全国に多数展開している東京中央美容外科。ワキガ治療の実績も多く、新宿院・渋谷院では切開範囲やダウンタイムの少ない「超音波シェービング法」も受けられます。

口コミではボトックス注射を受けた方の声が多いよう。青木統括院長の目指す「日常的に、気軽に治療を受けやすい美容医療を提供するクリニック」として治療を受けやすい環境が整っています。

東京中央美容外科のワキガ治療はプライバシーの配慮も徹底されており、アフターサービスも充実しています。他院修正もおこなっているためワキの臭いに悩んでいる方は相談してみてはいかがでしょうか。

東京中央美容外科の
予約方法・基本情報

所在地 (新宿院)東京都新宿区歌舞伎町1丁目27-5 歌舞伎町APMビル7F
診療時間 10:00~19:00(不定休)
TEL 0120-814-971
URL https://aoki-tsuyoshi.com/
アクセス 西武新宿駅から徒歩2分
新宿駅東口から徒歩6分

予約は専用電話か予約フォームをご利用ください。




口コミ東京中央美容外科の評判・口コミ

悩みに寄り添ってくれました

汗が出ないようにと考えるだけで憂鬱でした。恥ずかしくて誰にも知られたくない、そんな気持ちに配慮してくれるクリニックだと思います。カウンセリングでは悩みに寄り添うように話を聞いてくれ、施術中も声をかけてくれるので安心できました。

きちんと診てもらえました

もともと汗をかく量が多く、臭っているのではと周りの人の行動に敏感になるように。クリニックに相談に行き、悩みを親身に聞いて施術内容や料金についても詳しく説明してくれました。汗の量が気になるためボトックス注射をすることに。きちんと診て治療をしてくれたことに満足しています。

丁寧なカウンセリングで安心

東京中央美容外科はHPを見る限り雰囲気がよさそうで、なおかつアクセスも良かったため受診を決意。カウンセリングでは丁寧に話を聞いてくれ、安心して治療を受けられました。こちらのクリニックは、個人の悩みや希望に沿った治療をしてくれたと思います。

 
根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る
ワキガ治療について

手術や注射、レーザー治療などでワキガを改善に導いてくれるのがワキガ治療です。

治療法として主なペアドライや剪除法、ボトックス注射などがあります。

標準的な費用は、ペアドライ33万円、剪除法・皮弁法(直視下摘除法)30万円、ボトックス注射10万円前後です。クリニックによって治療法や費用は変動しますので、詳しくは各クリニックにお問い合わせください。

ワキガ治療のリスク・副作用について

ペアドライのリスク・副作用として術後の赤みや黒ずみなどがあげられます。

剪除法のリスク・副作用として手術痕が残る、皮膚が突っ張る、安定するまで激しい運動が出来ない恐れがあります。

ボトックス注射のリスク・副作用として効果の持続期間が短い、濃度が的確でないと効果が出ないなどが考えられます。

クリニックの治療法によってリスクや副作用は異なります。詳しくは各クリニックにお問い合わせください。

未承認機器について

ペアドライ、ウルセラドライ、ビューホット、レーザー治療は未承認機器を使用した治療法です。国内で承認された機器には、ミラドライがあります。ウルセラドライはFDA認定を受けている機器です。入手経路についてはクリニックによって異なるため、詳細はクリニックへお問い合わせください。

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP