東京都立広尾病院
ワキガ治療で有名な
病院・クリニック一覧

専門分野のドクターが評判★東京都立広尾病院

生活習慣の見直しをメインにワキガ治療を行っている病院です。ワキガ特有のにおいの原因は皮膚表面の細菌とアポクリン腺という汗腺と考え、生活習慣の見直しを行うことでワキガ解消に向かえると考えています。そのうえで解消に向かわない場合は切除や注射による治療などを提案してくれます。具体的にどのような形で治療法を決めるのか、治療法の詳しい解説とともにまとめました。

東京都立広尾病院のキャプチャ

引用元:東京都立広尾病院公式サイト
(https://www.byouin.metro.tokyo.lg.jp/hiroo/)

ここがポイント!東京都立広尾病院の
ワキガ治療が口コミで評判なワケ

まずは生活習慣の見直しからはじめる

東京都立広尾病院ではワキガ治療を始める前に生活の習慣とワキの状態を確認して、手術をせずに改善できるかをチェックします。ワキ毛の処理や市販の制汗剤などで消臭をしても効果が期待できない場合、手術を視野に治療法を決めていきます。

手術をするのは匂いが強い場合

ワキガの可能性があっても、においには個人差があります。手術の対象になるのは、においが強い場合です。東京都立広尾病院では、においが軽い人と判断した場合は手術をすすめていません。手術をするときは、ワキの下の皮膚の裏にある、アポクリン腺の切除によりワキガを抑えます。この腺はワキガの原因となるため、この切除が行われているのです。

手術をする場合

ワキガの原因にもなるアポクリン腺を切除する手術によって、においはほとんど軽減されます。しかし、完全になくなるわけではありません。東京都立広尾病院では、術前後の患者さんの安全を確保するために、入院をしてもらったうえで手術を行ないます。手術後は体調面が気になることがほとんどですが、東京都立広尾病院では、入院して状態を診てくれるので、体調面が気になる方でも相談しやすいでしょう。診察は365日可能で、土曜も診療。平日に通院できない方にも相談可能です。

電車とバスで通いやすい

東京都立広尾病院は広尾駅から徒歩7分と、電車からのアクセスでも通いやすい立地にあります。広尾駅が最寄り駅ながら、ほかの駅からでもバスを乗り継げば徒歩2分圏内となっており、決して遠い立地ではありません。駅から遠い、バス停から遠いということがネックに感じる方でも通いやすい病院です。

東京都立広尾病院ではどんなワキガ治療が行われている?

東京都立広尾病院では、以下のようなワキガ治療を提供しています。

切らない治療法

生活習慣の見直しと殺菌シートの活用

ワキにあるアポクリン腺の物質が皮膚の細菌によって分解されることで、においを発生させています。これによりワキガが起きていることに注目している東京都立広尾病院では、すぐに手術をを促すのではなく、食生活の見直しや殺菌シートを活用、ストレスをためないなど、まずは手術以外で改善できるかを試してみます。普段の生活を見直すだけなので、傷をつけることはありません。生活状況を観察しながら、効果をみていきます。

切る治療法

汗腺の切除

東京都立広尾病院ではワキの下の皮膚を切開して、アポクリン腺を取り除く方法を提案しています。手術を受ける方の体調を考慮しながら進めるため、形成外科で手術を実施。そのあと入院しながら術後の経過観察を行います。

その他の治療法

ボトックス注射

精神的な負担や緊張状態が続くことによってワキに多くの汗をかいてしまう症状がみられた場合、ボトックス注射を提案しています。ボトックス注射することで、症状は軽減を目指しますが、効果が実感できるのは半年程度。手術の効果が弱くなったと感じたときは、改めてボトックス注射が受けられます。

東京都立広尾病院のドクター情報

院長・江川直人医師

東京都立広尾病院の院長で、「一人でも多くの患者さんに、安心・安全・良質の医療を提供する」という運営理念を掲げながら日々病院の運営と治療を行っている医師です。消化器内科一般と胆と膵臓に関する治療を専門としています。もともと伝染病に対処するための病院として開設された広尾病院を、東京都の行政医療発展を担うための医療機関として成長させてきた一人。救急医療、災害医療にも対応できるよう、24時間365日治療ができる体制を整えています。専門は胆と膵臓に関する治療ということでワキガ治療とは直接結びつくことはないかもしれませんが、地域密着型の医療を目指す考えを持っていることから、ワキガ治療を始めさまざまな悩みを抱える方を受けいれる姿勢がうかがえます。日本だけでなく、外国人の受け入れもスタートしていることから、ワールドワイドな病院づくりを進めている医師であるといえるでしょう。v

専門

  • 消化器内科一般
  • 胆・膵疾患

資格

  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医・評議員・関東支部評議員
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医・評議員・関東支部評議員
  • 日本膵臓学会 指導医
  • 日本胆道学会 指導医
  • 日本医療マネジメント学会 東京支部幹事

東京都立広尾病院の特徴を振り返って

東京都立広尾病院では生活習慣の見直しによるワキガ治療をメインで行っています。食生活や普段の生活習慣からワキガの治療を行っていくので、通院の必要が高めです。しかし最寄りの電車やバスを下車後、徒歩2~7分と歩いていける距離にあるため、通院も難しくはないでしょう。生活習慣の見直しをしてもワキガが改善されない場合は手術が行われますが、術後の経過観察を行うといった患者さんへの配慮が垣間見えます。

東京都立広尾病院の
予約方法・基本情報

所在地 東京都渋谷区恵比寿2-34-10
診療時間 初診(平日)9:00~17:00、(土)9:00~11:30
TEL 03-3444-1181(代表)
URL https://www.byouin.metro.tokyo.lg.jp/
アクセス 東京メトロ日比谷線広尾駅1・2番出口より徒歩7分

初診の方、電話予約センターで予約を受け付けます。診療の際に次回の予約を受け付けます。

口コミ東京都立広尾病院の評判・口コミ

リラックスできる病院

多少、待ち時間が長くても、安心して診療を受けられるので、気になりません。建物、院内は清潔感があり、カフェがあるので、待ち時間もリラックスできます。どの病院に行ったらいいか、迷ったときは、都立である東京都立広尾病院が安心でしょう。駅から近く通院しやすいのも魅力です。

根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る
ワキガ治療について

手術や注射、レーザー治療などでワキガを改善に導いてくれるのがワキガ治療です。

治療法として主なペアドライや剪除法、ボトックス注射などがあります。

標準的な費用は、ペアドライ33万円、剪除法・皮弁法(直視下摘除法)30万円、ボトックス注射10万円前後です。クリニックによって治療法や費用は変動しますので、詳しくは各クリニックにお問い合わせください。

ワキガ治療のリスク・副作用について

ペアドライのリスク・副作用として術後の赤みや黒ずみなどがあげられます。

剪除法のリスク・副作用として手術痕が残る、皮膚が突っ張る、安定するまで激しい運動が出来ない恐れがあります。

ボトックス注射のリスク・副作用として効果の持続期間が短い、濃度が的確でないと効果が出ないなどが考えられます。

クリニックの治療法によってリスクや副作用は異なります。詳しくは各クリニックにお問い合わせください。

未承認機器について

ペアドライ、ウルセラドライ、ビューホット、レーザー治療は未承認機器を使用した治療法です。国内で承認された機器には、ミラドライがあります。ウルセラドライはFDA認定を受けている機器です。入手経路についてはクリニックによって異なるため、詳細はクリニックへお問い合わせください。

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP

アナタはどっちで治療する?

切らない治療なら

川崎中央クリニック

切る治療なら

さくらビューティ
クリニック