ワキガ治療ガイドTOP » 病院はどこがいい?ワキガ治療におすすめの病院と治療法を紹介  »  神奈川(川崎・横浜)のワキガ治療名医一覧  »  新宿美容外科クリニック横浜院 (旧徳重クリニック)の口コミ評判についてご紹介
新宿美容外科クリニック横浜院
(旧徳重クリニック)
ワキガ治療で有名な
病院・クリニック一覧

細部まで行き届いた患者への配慮が魅力★新宿美容外科クリニック横浜院(旧徳重クリニック)

新宿美容外科クリニック横浜院(旧徳重クリニック)では「患者に案内する施術は可能な限りスタッフが体験する」というスタンスをとっています。スタッフが体験して満足した結果を得ているからこそ、患者にも自信を持って施術をおすすめできるというわけです。
使用する薬剤の質や管理・衛生面などにこだわり、各種機器のチェックも怠らず、患者がリラックスしやすい院内の雰囲気づくりをした上で丁寧でわかりやすいカウンセリングを徹底するなど、患者に対する配慮が細部にまで行き届いているのが特徴です。
また、この新宿美容外科クリニック横浜院は、平成28年11月28日に院長が逝去して惜しまれつつ閉院した「徳重クリニック」の遺志を引き継いでいるクリニックでもあります。

徳重クリニック

引用元:徳重クリニック公式サイト
(http://tokushige-clinic.com/)

ここがポイント!新宿美容外科クリニック横浜院の
ワキガ治療が口コミで評判なワケ

プチ整形からアンチエイジングまで幅広く対応

近年では、美容に関する意識が高まり、美容外科クリニックを訪れる方も増えてきました。
新宿美容外科クリニック横浜院(旧徳重クリニック)では、気軽に受けることのできるプチ整形を含めた複数の美容整形術をはじめ、スキンケア・アンチエイジングまで幅広く対応。
患者さん一人一人のニーズに合わせた診療を、提案そして提供できるようにしています。

今月のおすすめ治療を設定

患者さんに向けて、お得な情報として「今月のおすすめ治療」をピックアップし、提案しています。
お得であるというほかにも、美容医療に興味はあってもどのようなものがあるのかよくわからないという方に、わかりやすい形で治療法を紹介することによって、より身近に美容治療を感じていただけるようにもなっています。

横浜駅前という抜群のアクセスの良さ

通院することも考えると、アクセスの良さは大きなポイント。
新宿美容外科クリニック横浜院(旧徳重クリニック)は、ターミナル駅である横浜駅から徒歩1分という好立地にあり、抜群のアクセスの良さもクリニックの特徴の一つとなっています。
加えて、各種保険診療もおこなっているので、費用面での相談ができるというのもまた、新宿美容外科クリニック横浜院(旧徳重クリニック)の特徴といえるでしょう。

再発しない治療へのこだわり

新宿美容外科クリニック横浜院(旧徳重クリニック)で行なっているワキガ治療のメインは、剪除法とアキュシェーブ。剪除法は切開して汗腺を破壊する治療法で、アキュシェーブはレーザーで汗腺を除去する治療法。どちらの治療法にも、再発の恐れはほとんどありません。特にアキュシェーブは合併症もダウンタイムもほとんどない、院長おすすめの治療法です。

新宿美容外科クリニック横浜院
ではどんなワキガ治療が行われている?

新宿美容外科クリニック横浜院(旧徳重クリニック)では、以下のようなワキガ治療法を提供しています。

切る治療法

剪除法
直視下摘除法とも呼ばれる方法で、脇の皮膚を切開しニオイの原因となるアポクリン腺と、多汗症の原因となるエクリン腺を切除する方法です。
保険適応の手術でもあります。

切らない治療法

アキュシェーブ
脇に2~3カ所穴を開け、そこからカニューレを挿入し皮下にある余分な汗腺をレーザーで除去していきます。
その後、内視鏡の機械を用いて汗腺を吸引・排出することで、ワキガの治療効果を発揮する方法です。ニオイ症状の重い方に適しているとされています。
ボトックス注射
脇の汗腺にボトックスを注射することにより、汗の分泌を抑える方法です。

徳重院長の訃報と徳重クリニック廃業について

徳重クリニックの院長である徳重院長は、長年に渡り横浜の方々の治療を続けておられましたが、平成28年11月28日にお亡くなりになられ、同時に徳重クリニックも廃業する運びとなりました。
ですが、このクリニックはなくなることなく、医療法人社団泰聖会グループが引き継ぐことが決定しました。
そして、「新宿美容外科クリニック横浜院」として再度開院することが決まり、新宿美容外科クリニックの総院長である井上医師が治療を引き継いでいます。
徳重クリニックに通院されていた方も、今後は新宿美容外科クリニック横浜院で、治療を継続することができるそうです。

徳重院長の遺志を引き継ぎ、患者と真剣に向き合うことを理念とする医師

医師経歴

1992年 千葉大学医学部 卒業 
千葉大学形成外科 入局
千葉大学および昭和大学関連形成外科 勤務
2006年 都内美容外科クリニック 院長就任
2007年~ 都内美容外科クリニック 総院長就任
2014年 新宿美容外科クリニック 新宿院/立川院 総院長就任

所属学会・団体

  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会会員
  • 日本美容外科医師会会員
  • 日本外科学会会員

資格

  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 日本形成外科学会認定専門医

理念

徳重クリニックの理念を引き継いだ「新宿美容外科クリニック横浜院」の総院長である井上医師は、治療を行う上で、「患者と真剣に向き合うこと」を最も大切にしています。
美容クリニックへの通院を考える患者というのは、大きな不安を抱えているものです。
また、コンプレックスに長年悩んできたという方も多いでしょう。
その不安やコンプレックスを解消するためには、患者と真正面から向き合って、その悩みを真剣に受け止めてから治療を開始することが大切だと考えています。

そして、その目標を実現させるためには、「カウンセリング」「技術力」「適正な料金設定」の3つが必要です。
特に、美容医療分野で切開が伴う治療は、失敗してしまっては後戻りができず、患者の悩みを増やしてしまうことにもなりかねません。
丁寧なカウンセリングで患者の希望を適切に読み取り、高い技術力でその希望を実現。 さらに、適正な料金設定で患者の負担を最小限にする。
井上医師は、このような理念の下で日々の治療を行っています。
特に、カウンセリングの丁寧さは口コミでも評判で、メリットやデメリットも含め、わかりやすく説明してくださるそうです。

新宿美容外科クリニック横浜院の
予約方法・基本情報

所在地 神奈川県横浜市神奈川区金港町5-10 金港ビル5F
診療時間 10:30~14:00 15:00~19:30(平日・土曜)
10:00~14:00 15:00~17:00(日曜・祝日)
木曜休診 ※完全予約制
TEL 045-440-6777
URL tokushige-clinic.com



口コミ新宿美容外科クリニック横浜院の評判・口コミ

注射が苦手の私も大丈夫でした

知り合いの紹介で、以前から気になっていた脇のニオイについて相談に伺いました。
治療に関して先生がきちんと説明してくれ、手術はしたくないという私の希望に添ってボトックス注射を受けました。
多少痛みはありましたが、注射が苦手な私でも大丈夫でした。

思い切って治療を開始

昨年あたりから脇のニオイが気になり始め、悩むよりはと思い切ってボトックスによる治療を受けることに。
金額が他より安かったのと、聞きやすい場所だったのが気に入って徳重クリニックにお願いしましたが、良かったと思います。

早くやっておけば良かった

徳重クリニックで超音波を使ったワキガ治療をやってもらったことがあります。メスを使わないので、痛みもありませんでした。制汗スプレーやクリームなどでの手入れから解放されて、とても楽になりました。もっと早く治療をしてもらっておけば良かったです。

とても優しい先生でした

徳重クリニックでボトックスをやってもらったことがあります。少し痛かったのですが、結果には満足しました。そして何より、徳重先生はとても優しい方でした。他院で施術を受けたこともあるのですが、その時にも少し痛かったので、それなら優しい徳重先生に施術をしてもらったほうが良いと思います。

根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る
ワキガ治療について

手術や注射、レーザー治療などでワキガを改善に導いてくれるのがワキガ治療です。

治療法として主なペアドライや剪除法、ボトックス注射などがあります。

標準的な費用は、ペアドライ33万円、剪除法・皮弁法(直視下摘除法)30万円、ボトックス注射10万円前後です。クリニックによって治療法や費用は変動しますので、詳しくは各クリニックにお問い合わせください。

ワキガ治療のリスク・副作用について

ペアドライのリスク・副作用として術後の赤みや黒ずみなどがあげられます。

剪除法のリスク・副作用として手術痕が残る、皮膚が突っ張る、安定するまで激しい運動が出来ない恐れがあります。

ボトックス注射のリスク・副作用として効果の持続期間が短い、濃度が的確でないと効果が出ないなどが考えられます。

クリニックの治療法によってリスクや副作用は異なります。詳しくは各クリニックにお問い合わせください。

未承認機器について

ペアドライ、ウルセラドライ、ビューホット、レーザー治療は未承認機器を使用した治療法です。国内で承認された機器には、ミラドライがあります。ウルセラドライはFDA認定を受けている機器です。入手経路についてはクリニックによって異なるため、詳細はクリニックへお問い合わせください。

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP