HOME » ニオイが気になる?多汗症とは » 多汗症とワキガの違い

多汗症とワキガの違い

「多汗症=ワキガ」ではない?二つの違いについて

多汗症とワキガは、汗とニオイ悩みとして一緒に名前が挙がるため、違いがよくわからない方が多いです。
どちらも違う症状で、適した治療法にも違いがあります。正しく治療するためにも、多汗症とワキガの違いを知っておきましょう。

多汗症とは?
 

どんな違いがあるの?
多汗症とワキガについて

多汗症とワキガの一番の違いは、原因となっている汗腺の種類が違うところにあります。
多汗症の場合は原因となっている汗腺はエクリン腺で、そこから出る汗の成分は99%が水分で残り1%が塩分となります。
そのため汗は無色透明でそれ自体にはニオイがほとんどなく、サラサラとしています。
一方ワキガの場合ですが、こちらの原因汗腺はアポクリン腺になります。
アポクリン腺から出る汗もそれ自体は無臭なのですが、含まれている成分がエクリン腺とは異なり、ベタベタした感触なのが特徴。
それが肌の常在菌や雑菌と結びつき分解されると、あの独特なワキガ臭となります。
つまり、多汗症は汗の量が問題で、ワキガはニオイが問題、というハッキリした違いがこの2つにはあるということなのです。
そして治療を行う際は、エクリン腺とアポクリン腺どちらの汗腺に有効な治療法なのかによって、多汗症とワキガどちらに適しているかがわかりますので、チェックするようにしてください。

多汗症におすすめな治療法は?

ビューホット~最新の「切らない」多汗症治療~

ニオイと汗の元である2つの汗腺(アポクリン汗腺、エクリン汗腺)に、特殊な高周波をピンポイントで当てて治療していく方法です。汗腺のみを治療するので、ほかの重要な神経や組織を傷つけることはありません。切開をしないため圧迫固定の必要がなく、治療後はいつも通りに過ごすことができます。

ボトックス注射~注射でできる多汗症治療~

ワキ汗の元となる、汗腺の働きを抑制する治療法。ワキ汗が過剰に出て半年以上経っていたり、多量なワキ汗が原因でいつも通りの生活が送りにくい…など「原因不明な重症の多汗症である」と診断された場合のみ、保険が適応されます。効果はだいたい短くて6カ月、長くて1年ほど。根本的な治療をしたい人には向いていません。

ミラドライ~マイクロ波で汗腺を破壊する多汗症治療~

水分に反応するマイクロ波を利用し、汗腺を熱で治療していく方法です。多少腫れを引き起こすこともありますが、ビューホットと同様にダウンタイムが短く、会社勤めや忙しい人でも長いお休みを取らずに治療を受けることができます。

多汗症治療におすすめのクリニックは?

川崎中央クリニック

ワキガ・多汗症治療に定評のあるクリニックです。多汗症の治療には、ビューホットを提供。狙い撃ちで高周波を照射することができ、正確にエクリン腺を熱変成させるので、他の組織にダメージと与える心配がないことが特徴です。

聖心美容クリニック

多汗症を専門に治療を行っています。多汗症治療におこなわれているのが、ボトックス注射。ボツリヌス菌の毒素から生成されたボトックスは、汗を抑える効果に優れているので、多汗症治療にとても効果的です。

秋葉原フロンティアクリニック

多汗症にも有効なミラドライの専門クリニック。ワキにマイクロ波を照射することで、エクリン腺に熱ダメージを与えて働きを抑制します。

 
目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック
根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る