ワキガと年齢の関係性について

年齢を重ねるごとにワキのニオイが気になるようになった場合の原因と対策

密かに悩んでいる人も多い「ワキガ」は、親から遺伝する体質であると考えられています。親からワキガを遺伝した子どもの体では、大人になるにしたがってアポクリン腺の活動が活発になっていき、次第にワキガの臭いが現れるようになります。ただし体質には個人差があるため、ワキガの臭いの強さや発生部位などは人それぞれとなっています。今回は、ワキガが年齢に応じて体に及ぼす影響や、成長との関係について詳しく見ていきたいと思います。

基礎知識

ワキガの臭いに年齢は関係あるのか

ワキガを引き起こすアポクリン腺は、赤ちゃんの頃から誰でも持っているものです。親から受け継ぐ体質なので、早ければ10代に入った頃からワキガに悩む場合もあるようです。一般的に、アポクリン腺が発達してくるのはちょうど思春期の頃(10代はじめ~中頃)からであり、その後徐々に発達をして、成年~20代にピークを迎えます。ワキガの臭いも、この成長に応じて徐々に強くなっていきますが、年齢を重ねるごとに弱まっていくのが一般的です。一説には、ワキガは性ホルモンと密接に関わっているとも言われています。人間の性ホルモンが活発にはたらくのは思春期から30代くらいまでの期間であり、この間は一時的にワキガの臭いが強く出る場合があります。しかし、年齢を重ねてもワキガの臭いに悩まされる方はいます。というのも、ワキガ体質は遺伝性の体質であり、30代を超えたからといって体質が完全になくなるわけではないからです。また、子どもの頃と大人になってからでは生活環境やストレスレベルが大きく変わる方が多く、そのような環境の変化によってワキガが強くなることも考えられます。その他にも、食べ物の変化によって体臭が濃くなるケースもあります。

ワキガは年齢とともに悪化するのか

子どもから見れば、大人になるほどにワキガの臭いは強くなり、悪化していくと考えられます。しかし大人になれば、ある程度の年齢を過ぎた頃からは加齢臭の方が強くなっていきます。(※臭いの程度には個人差があります)いわゆる「加齢臭」は、ワキガとはまったく別のものであり、ワキガは逆に年齢に関係のない体質であるため、年齢とともに悪化するものではありません。また、年齢を重ねてもアポクリン腺を除去したり、ワキを清潔に保つことによって、若い頃よりもワキガが目立たなくなるというケースもあります。ワキガは年齢とともに悪化するというものではなく、普段からこまめなケアをしていくことで、より良い結果につながります。

ワキガの手術に適した年齢

ワキガの手術は、ある程度アポクリン腺が発達してからでなければ効果が少ないと言われています。特に思春期のお子さんの場合、アポクリン腺を除去しても未発達のアポクリン腺が後から大きくなってきて、ワキガの臭いが完治しない可能性があります。アポクリン腺の切除や除去を行っているクリニックなどでは、手術の可能年齢を「20歳以上から」と定めているところもあります。そのような場合、10代の方は治療ができませんので、数年待ってからの治療をおすすめします。

目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック
根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP