HOME » ワキガ治療の前に知っておくべき基礎知識 » 脇汗とワキガになる原因は汗腺に関係が?

エクリン腺とアポクリン腺を活発にしてしまう要因

ワキガの原因にはアポクリン腺とエクリン腺が挙げられますが、その他にもいくつかの原因が指摘されています。
その中でも遺伝や食生活の欧米化は、ワキガの症状を大きく作用する要因であると言われています。

基礎知識
 

ワキガの原因を知ろう

ワキガの原因とされるアポクリン腺とエクリン腺は、どんな人にも存在する汗腺ではありますが、その大きさや数などは個人差があるとされています。
その数は遺伝によって決まる場合が多く、そのため親がワキガだった時は、子どもにもその体質が遺伝してしまう可能性が高いのです。
また食生活で動物性脂肪を多く摂り過ぎると、汗腺が大きく太くなると言われていて、タンパク質を摂り過ぎると多汗の原因につながります。
つまり肉類やタンパク質に偏った食生活を送っていると、ワキガや多汗症の症状が悪化し続けてしまうということに…。
そのほかにエクリン腺とアポクリン腺を活発にしてしまう要因を、いくつか挙げてみました。

遺伝

ニオイを発生させる大元であるアポクリン腺の量は、遺伝によって決定されています。
データからも親がワキガだった場合、その子どももワキガになってしまう確率は50%以上という高確率が示されています。
つまり自分の家族にワキガの人がいる場合、自分もワキガである可能性があると考えられるのです。
該当する方は、治療も含めて早めにワキガ対策へ乗り出していただくのがベスト。

食生活

食生活の欧米化に伴って、ワキガのニオイに悩まれる方も増えています。
肉や乳製品、ジャンクフードなど、偏った食事を続けることで、汗腺が大きく太くなってしまいます。
その分汗の量が多くなり、ワキガ症状は悪化してしまうのです。

運動不足

運動不足になることで普段汗をかかないでいると、汗腺に老廃物や古くなった角質がたまってしまいます。
すると汗の質がベタベタしたアルカリ性となり、細菌が繁殖しやすい環境ができ、汗がニオイを発するようになってしまうのです。

飲酒・喫煙

飲酒によるアルコール分や、喫煙によるニコチンは、汗腺を活発にしてしまう作用があるので、ワキガのニオイを強くするとされています。
ですので過度な飲酒や喫煙は、ワキガ症状を悪化させるので、摂取量に注意が必要です。

ストレス

日常生活の中で過度なストレスが体にかかると、自律神経のバランスが崩れて体が緊張状態となってしまいます。
するとワキガの原因汗腺であるアポクリン腺の働きが活発化し、その結果ワキガのニオイ症状が悪化してしまうのです。

入浴方法

ワキガは自律神経と密接に関連しています。
入浴は自律神経を整えるのに、とても良い時間なのですが、シャワーのみで済ませがちな人の場合、逆効果となってしまうのです。
ワキガの改善には、入浴方法もよく考える必要があります。

ムダ毛処理

脱毛するとワキガが改善するとよく言われますが、それは永久脱毛などの場合に限られます。
逆に自分でムダ毛を抜く処理をしていると、毛根近くにあるアポクリン腺を刺激してしまい、ワキガの症状を強めてしまう可能性があります。

 

 
目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック