ワキガと遺伝の関係性について

ワキガと遺伝の関係性と遺伝させない方法

ワキガを抱える方の悩みの一つに、子どもへの「遺伝」の問題があります。ワキガは親から子へと遺伝する性質があると言われており、片親だけでもワキガが遺伝する場合があります。今回は、気になるワキガの遺伝の問題について考えてみたいと思います。

基礎知識

ワキガが遺伝するのかどうか?

結論から言うと、両親のどちらかがワキガを持っている場合は約50%、両親ともにワキガの場合は約80%の割合で子どもに遺伝すると言われています。これは、ワキガが優性遺伝によって子どもに伝えられるためです。遺伝を阻止する方法はありませんが、子どもにワキガが出てしまったとしても、親とまったく同じようにワキガの臭いや強さが遺伝するとは限りません。子どもには子どもの体質があるため、親とまったく同じワキガが発生するというわけではなく、発生部位やワキガのレベルには個人差があります。

ワキガ体質になる確率は

ワキガ体質になる確率は、上記のとおり80%と50%であり、片親だけでも5割の確率で遺伝する可能性があります。ただしワキガは病気ではなく、あくまでも体質的なものなので、子ども自身がセルフケアなどをしていけば、臭いを上手にケアしていくことが可能です。

ワキガ体質が子どもに遺伝しない方法

日本人は欧米人に比べてワキガの発症率が少なく、生まれつきワキガ体質である人の割合は全体の10~15%となっています。しかし、発症するかどうかは人それぞれであり、ワキガの強さも個人差があります。子どもに100%ワキガを遺伝させない方法というのはありませんが、両親ともにワキガであるよりも、片方の親がワキガであるほうが、子どもへの遺伝確率は低くなります。絶対に子どもにワキガを遺伝させないためには、「両親ともにワキガ体質ではない」もしくは「子どもを持たない」といった選択肢しかありません。しかし万が一子どもがワキガであっても、セルフケアや食生活などで改善していくことが十分に可能です。ワキガの臭いそのものへのケアに限らず、アポクリン腺の除去やボトックス注射といった物理的な手段も選択できます。現代医学では、まだ遺伝子レベルでの操作は難しいものがありますが、万が一発症してもそれを抑えるだけの治療法は確立されています。

親のワキガ体質が子どもに遺伝したかわかるのは?

子どもにワキガの症状が現れるのは、第二次成長期に入った頃(思春期)からが圧倒的に多くなります。一説には、性ホルモンの分泌量が増えるのが思春期頃であり、性ホルモンがアポクリン腺を刺激してワキガが引き起こされるためと考えられています。生まれつきアポクリン腺の数が多く、親からワキガ体質を遺伝していても、思春期に入る前までは体全体が未発達であるため、ワキガの症状はほとんど気にならないと言われています。ただし、成長の早いお子さんの場合はその限りではありません。思春期に入る前、小学校中学年のあたりからワキガの症状が出るケースもあります。「まだ子どもなのにワキガなんて早すぎる」と悩まれる方も多いのですが、最近では生活環境や食生活などの影響から子どもの発育が飛躍的に向上したという事情があるため、ワキガの出現年齢も発育に応じて早まっていると考えられます。

目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック
根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP