HOME » ワキガ治療の前に知っておくべき基礎知識 » 二つの汗腺「エクリン腺とアポクリン腺」と多汗症、ワキガの関係

においの原因を知る
~エクリン腺とアポクリン腺について~

ワキガの独特な刺激臭は、ワキから出る汗の成分が、もともと持っている常在菌に分解されることで発生するニオイです。
この元となる汗を出しているのが、2種類の汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)なのです。

基礎知識
 

ワキガの原因は汗腺によるもの

アポクリン腺とエクリン腺は、脇の下にある汗腺です。
2種類とも発汗を促す働きをしていますが、特にアポクリン腺による汗に含まれる成分がニオイの元になっていて、エクリン腺は主に多汗症の原因とされています。

アポクリン腺
とは?

ワキガの原因とされる汗腺「アポクリン腺」は、皮膚の裏側に粟粒のような形状で並んでいて、脇の下やデリケートゾーン、耳の中(外耳道)、肛門、乳輪といった体の限られた場所に存在している汗腺です。
アポクリン腺から発せられる汗は、白っぽい色で粘り気があるのが特徴で、その汗のなかには、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などといった成分が含まれています。
この汗に含まれる成分が、人がもともと持っている常在菌によって分解されることで、あのワキガ独特の刺激臭が生まれるのです。
ですのでアポクリン腺からの発汗が多ければ多いほど、ワキガのニオイ症状も強くなると考えられ、ワキガの原因と言われる理由となっています。

エクリン腺
とは?

ワキガおよび多汗症の原因とされる汗腺「エクリン腺」は、1平方センチメートルに100個以上もある小さな汗腺で、全身に存在しています。
エクリン腺は主に、体温を調節する働きを担っていて、発せられる汗の成分の99%は水分であるとされています。
残り1%に塩分・尿素・アンモニアが含まれていますが、数字が示すとおりかなり低いパーセンテージのため、汗の成分でニオイが発生することはほぼないと考えて良いそうです。
ただエクリン腺が過剰に働いてしまうと、多量の汗が発汗されてしまいます。
そしてたくさん汗が出てしまうことによって、2次的にニオイが発生してしまうことはあるようです。そのため多汗症だけでなく、ワキガの原因としても挙げられているわけなのですね。

質の良い汗と悪い汗の違い

よく汗のことを「良い汗」「悪い汗」と表現することがあります。
「良い汗」と言われる汗はサラッとしていて、その成分はほぼ水分でわずかな塩分を含んでいます。
肌を弱酸性に保ち、雑菌の繁殖を抑制する作用があり、そのためニオイはほとんどありません。
一方「悪い汗」と呼ばれる汗はベタッとしていて、その成分には水分の他に多くのミネラル分も含まれてしまっています。
肌表面をアルカリ性にしてしまうため、雑菌の繁殖を促してしまいニオイを発生させてしまうのです。

どんな時にエクリン腺とアポクリン腺から
汗が出やすいのか?

汗が出やすい状況と言えば、まず真っ先に思い浮かべるのが運動をした時でしょう。
運動時に流れるサラッとした全身の汗は、主にエクリン腺から発汗されているものです。わずかに塩分を含んでいますがほとんど水分の汗ですから、ニオイはほとんどありません。
運動ではなく、緊張した時などストレスによってかくベタッとした嫌な汗は、アポクリン腺から出ているとされています。アポクリン腺から出る汗の成分は、水分の他にミネラル分も含んでいるので、独特の刺激臭を放ってしまうのです。

 
目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック