ワキ毛とワキガとの関係性について

ワキ毛によるワキガが気になる場合の脱毛ケア

ワキガの原因は汗であると言われますが、もう一つの大きな原因として「ワキ毛」が挙げられます。ワキは特に毛が密集している場所なので、毛が多いほど蒸れやすく、臭いもきついものになります。そこで今回は、ワキガとワキ毛の関係について取り上げていきたいと思います。

基礎知識

気になるワキガの原因の一つはワキ毛

ワキガ体質を見極める時に、「毛深さ」が一つのポイントになると言われています。ワキガ体質かつ毛深い人の場合には、アポクリン腺がワキに集中的に集まっており、臭いの発生率が他の人よりも高いと考えられます。アポクリン腺の数については人それぞれ個人差があるため、ワキだけにアポクリン腺が多い人もいれば、そうではない人もいます。中には乳輪や陰部などに集まっている場合もあるため、必ずしもワキ毛が多いからといってワキガに直結するとは限りません。しかし普通の人よりもワキ毛が多い人の場合、一般的に汗腺の量も多いと考えられるので、ワキガになりやすいと考えられているのです。さらに剛毛(毛が太い)の人の場合は、毛根が大きくなりやすい傾向にあるため、汗腺の大きさも普通の人より大きくなりがちです。このような場合でも、ワキガの臭いが濃く現れやすくなります。毛の量が多く、さらに剛毛な人の場合、ワキガかどうかを見分けるには汗の状態をチェックすることがもっとも手早い方法になります。「強い刺激臭が続き、臭いがなかなか取れない」「粘性の高い汗が出る」「毛に白い粉が付く」といったケースでは、ワキガである可能性が高くなります。

自己脱毛と脱毛サロン

ワキガで毛の量も多い人の場合、ワキガ汗をそのままにしておくと毛の中で蒸れてしまい、さらに臭いが落ちにくくなってしまいます。ワキには水分量が多く、雑菌が繁殖するのに適した温度となっています。そのため、汗をそのままにしておくと菌がどんどん繁殖し、ワキガの臭いがさらにきつくなるおそれもあります。そこで、自己脱毛(セルフ脱毛)などのケアを行うか、脱毛サロンに通って脇脱毛をするなどして、毛の量を適度に間引きするケアをおすすめします。

脇脱毛した場合のメリット

脇脱毛をすることによって、毛の量が減るため雑菌が繁殖しにくい環境になります。また、毛を減らすことによって「蒸れ防止」にもなります。ワキは皮膚同士の摩擦も多く、汗と汗が混じり合うことから、臭いがきつくなりやすい部位です。そこをケアしてあげることによって、ワキを風通しの良い清潔な環境にするという意味もあります。

お手入れの流れ

自宅などで行うセルフケアの方法としては、ワキをローションなどで滑りの良い状態にしてから、脱毛器などを使って毛を減らしていきます。脱毛の頻度としては、毎日~数日置き程度がベストですが、皮膚が弱い方はある程度間隔を空けても問題はありません。サロンやクリニックで行う脱毛は、「永久脱毛」と「フラッシュ脱毛」に分けられます。どちらも、毛の生え替わるサイクルを考えながら脱毛を重ねていくため、2週間に一度のペースで脱毛に通います。レーザーやフラッシュなどをワキに当てて毛根を処理していくため、セルフケアよりも確実な効果が得られます。

アフターケアの方法

セルフ脱毛のアフターケア方法としては、まず患部をしっかりと冷やし、ダメージを負った皮膚を保湿するようにします。サロンやクリニックの脱毛も同じで、脱毛を終えた部分を冷やしたり保湿を行うのが一般的です。

目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック
根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP