ワキガ治療ガイドTOP » ワキガ治療の前に知っておくべき基礎知識  »  ワキガの手術の種類と手術跡について

ワキガの手術の種類と手術跡について

自分がワキガだと気付いたとき、「臭わなくさせたい」「ワキガを治したい」と言う人がほとんどだと思います。
ワキガに臭いを一時的に閉じ込める制汗スプレーを使うのか、それとも手術を受けるのか…。もちろん、この先ずっと臭わないようにしたいと言うのであれば、手術がベストな方法ですが、手術のやり方や手術の傷跡など、特に女性は気になってしまいますよね。
ここでは、ワキガ手術の種類や手術の傷跡についてまとめました。

基礎知識

目次

ワキガ手術後に傷が残るのか

ワキガ手術は傷跡が残る人と残らない人がいます。東京・大阪にある五味クリニックの五味院長は、「1年以上経てば普通は「ほぼ」目立たなくなりますが「例外」もある」という事を明言しています。
傷跡が残らない人の方が多いですが、中には傷跡が残ってしまう人もいるので、個人差が大きいようです。

ワキガの手術痕の種類

ワキガの手術痕についてですが、五味クリニックでは、切開部のキズや糸の跡が一部残ってしまったり、ケロイド、一部の皮膚の変色などが過去にあるようです。
特に、ケロイド体質の人は、ワキガの手術をすると傷が目立ってしまう傾向にあるようです。
また、メラニン色素が多い人は、瘢痕部に茶色の色素が残って手術部分が目立つこともあります。

腋毛の剃毛や抜毛さらには電気分解やレーザー照射などによる脱毛処理も行われるが効果は限定的である。また衣類の黄ばみや多汗に対しては効果が無いため結局は手術療法が必要となる場合も多い。

腋臭症を確実に治癒させるためには、皮下脂肪織のみならず真皮下層~中層にあるアポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺を確実に取り除くことが最も重要である。

確実な治療を行うと残存皮膚の厚みは1mm程度となってしまうため下床の脂肪織に生着させるためには植皮術と同様の圧迫固定が必須となる。現在、腋臭症に対する種々な手術療法が全国で行われているが、中には不確実な方法も数多く存在することは事実であり、危惧すべき問題と思われる。

ワキガの手術方法は、「植皮術」という方法を用います。火傷をしたときに他の場所から皮膚を移植するイメージを持っていただけるとわかりやすいと思います。移植した皮膚の部分には血管がないので、通常の縫合手術とは違います。火傷もワキガの手術も植皮術の原理は同じですが、火傷の時は他の場所から皮膚を移植するのに対し、ワキガ手術の時は腋の皮膚をそのままの場所で固定します。(タイオーバー)
激しく動いたりすると、タイオーバーが不十分となり「瘢痕」になり、傷が目立つようになります。ワキガ手術をした後は、激しい動きなどをせずにゆっくり安静にすることで瘢痕を防ぐことができます。
また、稀に感染を起こして傷が残りやすくなることがあります。ワキガ手術をした後は、クリニックで毎日消毒をすることで感染を防ぐことができますが、遠方などで難しい場合は自己消毒をするしかありません。しかし、自己消毒をしていても消毒不十分で感染を起こし傷跡が目立つことあるので注意が必要です。

どのぐらいで消えるのか

ワキガの手術痕は、9割の人が1年~3年ほどでほぼ目立たなくなると言われていますが、3~6%の人は、「傷が目立つ」「目立つ傷ではないが、気になる」という人もいます。手術痕がどれぐらいで消えるのかは個人差が大きいので一概には言えないようです。

手術跡を消す方法

手術をして半年ほど経過しているのに、「手術跡がボコボコしている」「黒ずんでいる」「引きつる感じがする」「腕が上がりにくい」などの症状がある場合は、色素沈着や、瘢痕拘縮が起きている可能性が高いです。手術跡を消すためには、まずは手術をしたクリニックで見てもらいましょう。美白効果のある塗り薬や、瘢痕を柔らかくする内服薬、レーザー治療など、その人の症状に合った治療が必要なので、美容皮膚科や形成外科、美容外科などの意見を聞いて検討するのも良いでしょう。

メスを使わないワキガ治療

ワキガ手術は、身体にメスを入れるので、「怖い」と言う人も多いですよね。しかし、今は医療も進歩してメスを使わないワキガ治療も行われるようになりました。
傷を作らずに根本的なワキガの治療ができるだけでなく、その効果は手術と同等程度と言うので驚きです。しかも、治療をしてすぐに効果が実感でき、治療後も普段と同じ生活ができるので、手術を行うよりも手軽です。
人に傷跡を見られる心配もないので、海やプールに行く予定がある人や、結婚式、パーティーなどで脇を見せるファッションをする人にもオススメの方法です。
その方法と言うのが「ミラドライ」という方法で、「大西皮フ科形成外科医院アンチエイジングサロン」「湘南美容クリニック」などで施術してもらうことができます。ただし、メスを使う手術に比べて、30万円前後と10倍近く値段が高くなっているので注意してください。

目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック
根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP