ワキガ治療ガイドTOP » ワキガ治療の前に知っておくべき基礎知識  »  ワキガ治療で術後の回復を早めるための食べ物について

ワキガ治療には必ずダウンタイムが
存在する

切らない治療法でもダウンタイムは必要

ワキガ治療でどの治療法を選んだとしても、必ず発生するのがダウンタイムです。例え切らない治療法を選んだとしても、術後には回復期間が必要。そこでこちらでは、ワキガ治療の術後の状態と、その回復を早めるための食べ物についてご紹介していきます。

基礎知識

ワキガ治療の術後の状態

切除法

切除法はメスを使って縦に15センチほど切開する手術なので、術後2~3週間は入院をしなければいけません。大きな傷跡が残り、縫合によって皮膚に違和感が残る可能性も高い治療法です。

皮弁法・剪除法

切開が必要な治療法ですが、傷跡は3~5センチほど。入院の必要はありませんが、2~3日は安静にしていた方が良いでしょう。術後は1週間程度、包帯での圧迫固定が必要です。

五味式直視下剥離法

切開は2センチほどで、傷跡は比較的目立ちにくくなります。術後4日間の圧迫固定が必要です。1週間後に抜糸をしますが、傷口が目立たなくなるまでには半年ほどかかります。

皮下組織掻爬法

切開は2~3センチほどで、日常生活に支障がなくなるのは5日~1週間後だと言われています。術後2~3日間は痛みが残りますが、入院の必要はなく、傷口が小さく目立ちにくい治療法です。

イナバ式皮下組織削除法

切開は1センチ程度と非常に小さく、傷跡が目立ちにくい治療法です。ガーゼで3~4日間の圧迫固定が必要となり、術後約1週間で抜糸、約10日後にガーゼを全て除去します。

皮下組織吸引法

傷口は僅か数ミリととても小さく、手術時間も短めです。ですが、汗腺が再生してしまうこともあり、再手術によって更に傷跡が増える可能性もあります。

ベイザーシェービング

切開は1センチほどとほとんど目立ちません。術後48時間は包帯での圧迫固定が必要です。また、再発によって再治療が必要になることもあります。

ローラークランプ法

傷口は数ミリととても小さく目立ちません。ダウンタイムは4~5日間で、術後直後から仕事が出来るそうですが、ダウンタイムの期間は制限があるでしょう。

PMR法

傷口は数ミリなのでほとんど目立ちませんが、術後は包帯での圧迫固定が必要です。1週間後に抜糸を行い、約10日で制限のない動きが出来るようになります。

術後の回復を早めるための食べ物は?

ワキガ治療の傷跡を残さないためには、早めに傷口を回復させることが大切。回復を早める方法として、次のような栄養素を摂取することがおすすめです。

亜鉛

牡蠣、レバー、牛肉、卵、チーズなどに多く含まれます。皮膚を強くして、傷の治癒を早めてくれるでしょう。

ビタミンC

赤ピーマン、ゴーヤ、パセリ、レモン、キウイなどに含まれます。コラーゲンの生成を促進させるため、滑らかな皮膚を作るために必要です。また、亜鉛の働きをサポートします。

ビタミンE

いわし、うなぎ、いくら、たらこなどの魚介類や、アーモンドに含まれます。皮膚の新陳代謝を促進させ、新しい皮膚の生成をサポートする成分です。

ビタミンA

レバーやうなぎ、ホウレン草やニンジンなどの緑黄色野菜に含まれます。皮膚と粘膜を健康で丈夫な状態にしてくれる成分です。

ビタミンB

レバー、豚肉、うなぎ、たらこ、納豆などに含まれます。皮膚の炎症を抑えて、健康な皮膚を維持してくれるでしょう。

目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック
根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP