HOME » ワキガ治療の前に知っておくべき基礎知識 » ワキガ治療にかかる費用

治療方法別・わきがの治療費用まとめ

ワキガの治療方法には、いくつかの種類があり方法や効果はもちろん、費用にも違いがあります。
費用は治療法を選ぶ際のポイントともなりますので、しっかり把握して自分に合った治療法選びに役立ててください。

基礎知識
 

ワキガ治療の費用は?

わきがの治療法には、切開を伴う手術法から注射までさまざまな種類があります。
費用も治療法によって違いがありますので、ワキガ治療全体で言いますと3万円~40万円が大体の費用帯と考えられます。
自由診療で高額になることも多いワキガ治療ですが、自分の症状や希望にそった特徴を持っているかも、治療法選びには重要なポイント。
両方を良く検討してベストな治療法を選んでくださいね。

治療方法名 費用 対象 概要
剪除法・皮弁法 自由診療で約30~50万円、保険適応で4万円ほど 両脇の施術 ワキの皮膚をしわに沿って4センチほど切開して皮膚をめくり、目視でワキガの原因となるアポクリン腺と皮脂線をすべて切除していく治療方法。保険適用される場合もある代表的なワキガ治療法。
クアドラカット法 自由診療で約40万円ほど 両脇の施術 直径3ミリほどの極細の特殊メスを使いワキの皮膚を小さく切開し、そこから先端に電気カミソリのような刃が付いた吸引管を挿入して、皮下にあるワキガの原因となる汗腺を皮下脂肪ごと削り、吸引除去する治療法。傷跡が小さく目立たないためダウンタイムが少ない。
電気凝固法 自由診療で3万円~8万円 1回の施術(施術範囲によって異なる) 専用の針を使って、直接毛根に高周波電流を流して、ワキガの原因とされるアポクリン汗腺・エクリン汗腺を凝固させる治療法。施術に痛みはないが効果が永久的に持続しないので回数を重ねる必要がある。
レーザー治療 自由診療で約8~9万円 両脇の施術 ワキの下を1~3ミリ程度切開し、レーザーを照射する特殊な器具を挿入して、ワキガの原因である汗腺を破壊する治療法。ダウンタイムがなく傷跡も目だないが、再発する恐れがある。
ミラドライ 自由診療で約35万~45万円 両脇の施術 皮膚の上から特殊なマイクロ波を当てて、その熱によってエクリン腺とアポクリン腺の2つの汗腺を破壊する治療法。切らない治療法なので跡に残らず、ダウンタイムも少ない。費用は高額だが効果が半永久的に持続する。
ウルセラドライ 30万円 両脇の施術 真皮層という皮膚面から3~4.5ミリ程度の場所に向けて、高密度の超音波を照射して、熱損傷により汗腺の働きを抑える治療法。すべての汗腺を破壊できるかは個人差がある。
ペアドライ 自由診療で約33万円 両脇の施術 高周波(ビューホット)と超音波(ウルセラドライ)を続けてワキに照射することで汗腺を破壊する治療法。この2つを併用することで、より相乗効果で高い効果を得られる。切らない治療方法なのでダウンタイムもなく傷跡も残らない。
吸引法 保険適応では5万円ほど、自由診療では15万円ほど 両脇の施術 ワキの上部を1センチほど切開して、脂肪吸引などに使うカニューレという機器を差し込み、皮下脂肪ごと汗腺を吸い出す治療法。ワキを1~2センチほど切開し、超音波によって汗腺を破壊する「超音波吸引法」もある。目視による施術ではないため、取り残しによる再発の恐れもある。
PMR法 自由診療で約30万円 両脇の施術 小さな切開部からSCカニューレという医療機器を挿入し、2大汗腺を確実に処理していく治療法。取り残しがないか入念にチェックするため再発する可能性が低く、傷跡も目立ちにくくメリットの多い方法として注目されている。
マイクロリムーブ法 自由診療で約20万~30万円 両脇の施術 1センチ弱の切開部からマイクロシェービングコンソーラーを使い、汗腺を粉砕・除去する治療法。除去率が高くて重度のワキガにも効果的、再発の可能性も低い。
ボトックス注射 自由診療で約10万円前後 両脇の施術 ボツリヌス菌の毒から生成された成分を汗腺に注射し、発汗を抑えるワキガの治療法。持続期間が短い(3ヶ月~6ヶ月程度)が、注射だけの施術なので気軽に受けられ、汗を押さえられるので多汗症にも効果的。
内服薬・外用薬 2000円~5000円 1回の処方(処方される薬によって異なる) 内服薬・外用薬を用いて、汗を抑えたり細菌の繁殖を防いでいく治療法。根本的な治療ではなく、汗の抑制やニオイを計毛させる目的によるもの。保険適用される薬もある。
超音波トリプルメリット法 自由診療で40万円ほど 両脇の施術 小さな穴を開け、金属棒を差し込んでベイザーと呼ばれる超音波で汗腺を破壊。破壊した汗腺は吸引して除去し、取り残しているものは高周波で処理をする。それを繰り返すことで汗腺の除去率を上げます。術後にファイバースコープを使って取り残しの有無を確認します。
イナバ式組織削除法 自由診療で約32万円 両脇の施術 刃とローラーがついた専用器具を使用し、皮膚をローラーで押さえながら、刃で汗腺と真皮層を削り取る治療法。多くの皮下組織を削ることができ、重度のワキガ治療にも対応できる。
ビューホット 自由診療で約30万~35万円 両脇の施術 高周波を発生させる極細の針を刺し、その熱によって汗腺を破壊する。皮膚を切る必要がなく、治療時間は片ワキ約10分と短時間だが、1回の治療で効果が実感できるとされる。
ベイザーシェービング 自由診療で約25万~30万円 両脇の施術 ベイザーリポという医療用レーザーで、超音波振動によってアポクリン汗腺にのみダメージを与える。体内に細いカニューレを挿入するため、傷跡が小さいというメリットがある。
ローラークランプ法 自由診療で約22万~27万円 両脇の施術 ローラーと吸引棒のついた器具を使い、皮膚をローラーで押さえながら、汗腺を吸引する。血管などを傷つけるリスクが低く、ローラーを使うことで効率的に汗腺の除去が可能。
五味式直視下剥離法 自由診療で約32万円 両脇の施術 脂肪組織と汗腺の組織を剥離させて、小さな切開部から、目視でアポクリン汗腺と真皮を切り取る治療法。真皮層も切り取るため、汗腺の根を除去することができ、再発の可能性が低い。
皮下組織掻爬法 自由診療で約20万~30万円 両脇の施術 2~3センチの切開部からキューレットというスプーン型の器具を挿入し、汗腺を掻き出す治療法。切開はワキのシワにそって行うため、傷が目立ちにくく、ダウンタイムが短め。

ワキガ治療は医療控除の対象?

1月から12月までの年間で、10万円を超える医療費支出があった場合は、所得税の控除が受けられます。ただ、保険外診療は基本的には医療費控除の対象外となるので注意しましょう。医療費の控除は、翌年2月15日から3月15日の間に行われる確定申告で申請します。手術時にの領収書などは、大切に保管しておきましょう。

参照:国税庁,給与所得者と還付申告>No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

ワキガ治療に助成金は?

疾病として認められているワキガは、その治療手術費が高額になった場合、その人の所得額に応じて一部の医療費が返還される制度があります。ワキガ治療においては、保険診療が可能なクリニックで、医師によって相当と認めて行われる剪除法などが高額療養費制度の対象です。ですが、低所得者(住民税が非課税になるような人)でないと、限度額内となり恩恵を受けられないでしょう。

参照:厚生労働省,みんなのメンタルヘルス総合サイト(高額療養費制度)
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/3_05_01aid.html

治療費用がムダに?…

ワキガの治療を選択する時には、何を基準に選ぶべきでしょうか?
まず重要なのは、自分の症状に最適な治療方法であることです。例えば、重度な症状の人が軽度な症状向けの治療を受けても改善効果が見込めないので、自分の症状に最適な方法を確認することが大切です。そのためには、まず医師の診断を受けましょう。

次には、安易に選ばないということです。例えば自宅から近いとか、保険診療をしてくれるから、または最新の機器が導入されているからといった理由では、ワキガを治すという本来の目的から遠ざかってしまう可能性があります。それらの理由では、自分の症状に最適な治療を行えるという確証はありません。やはり、まずは医師の診断を受け、相談と確認をするといいでしょう。

また、治療を行ったあとに再発しないことも重要です。軽度な症状向けの治療でも、最低でも1回の施術で3万円はするので、高額な出費となります。回を繰り返しても完治はおろか、症状が一向に改善しないといったケースにならないように、自分の症状がどのようなものなのか、詳しく正しく知る必要があります。まずは信頼できる医師と巡り合うことも重要なポイントですよ。

 
目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック
根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る