HOME » ワキガ治療の前に知っておくべき基礎知識 » ワキガ治療にかかる費用

治療方法別・わきがの治療費用まとめ

ワキガの治療法には、いくつかの種類があり方法や効果はもちろん、費用にも違いがあります。
費用は治療法を選ぶ際のポイントともなりますので、しっかり把握して自分に合った治療法選びに役立ててください。

基礎知識
 

ワキガ治療の費用は?

わきがの治療法には、切開を伴う手術法から注射までさまざまな種類があります。
費用も治療法によって違いがありますので、ワキガ治療全体で言いますと3万円~40万円が大体の費用帯と考えられます。
自由診療で高額になることも多いワキガ治療ですが、自分の症状や希望にそった特徴を持っているかも、治療法選びには重要なポイント。
両方を良く検討してベストな治療法を選んでくださいね。

剪除法

ワキの皮膚を切開し、医師の目視下で汗腺を切除していく手術です。費用の目安は、保険適応で4万円、自由診療ですと30万円ほど。

クアドラカット法

先端に電気カミソリに似た刃が付いた吸引管を使い、汗腺を削って吸引除去する手術。費用の目安は、両脇で40万円ほどとなります。

運動不足

運動不足になることで普段汗をかかないでいると、汗腺に老廃物や古くなった角質がたまってしまいます。
すると汗の質がベタベタしたアルカリ性となり、細菌が繁殖しやすい環境ができ、汗がニオイを発するようになってしまうのです。

電気凝固法

毛根へ専用の針から電流を流すことで、汗腺を固まらせ壊していく治療法です。費用の目安は、施術範囲によりますが3万円~。

レーザー治療

ワキガの原因である汗腺にレーザーを照射することで、熱破壊していく治療法。費用の目安は、両脇で8~9万円ほどとなっています。

ミラドライ

特殊なマイクロ波を照射していくことで、原因である汗腺を熱破壊していく治療法です。費用の目安は、両脇で約35~45万円ほど。

ウルセラドライ

高密度の超音波を原因である汗腺の層に照射し、熱損傷を与え働きを抑えるワキガの治療法。費用の目安は、両脇で30万円ほどとなっています。

ペアドライ

RF波と超音波を続けてワキに照射することで、ワキガの原因である汗腺を破壊していく治療法です。費用の目安は、両脇で約33万円。

吸引法

小さな切開部から脂肪吸引のカニューレを挿入し、皮下脂肪ごと汗腺を吸い出す手術。費用は保険適応で5万円、自由診療で15万円ほどです。

PMR法

小さな切開部から専用の医療機器を挿入し、2大汗腺を確実に処理していく手術です。費用の目安は、両脇で約30万円ほど。

マイクロリムーブ法

小さな切開部からマイクロシェービングコンソーラーを使い、汗腺を粉砕・除去していきます。費用の目安は、両脇で約20万~30万円。

ボトックス注射

ボツリヌス菌の毒から生成された成分を汗腺に注射し、働きを抑えるワキガの治療法。費用の目安は、両脇への施術で10万円前後。

内服薬・外用薬

内服薬・外用薬の効能で、汗を抑えたり細菌の繁殖を防いでいく治療法です。費用の目安は、使用される薬剤によりますが約2千円~5千円ほどです。

治療費用がムダに?わきが再発のリスク

ワキガの治療法を選ぶ時には、自分の症状を改善するのに向いているかどうかということを、きちんとチェックしなければいけません。
たとえば重度の人が軽度の改善に向いている治療を受けても、効果は少ないですし再発のリスクも高まるのです。
また費用の安さだけを追求しすぎると、技量の低い医師を選んでしまうかもしれません。
再発のリスクをできるだけ避け、ベストなワキガ治療を受けるには、客観的な目も必要となります。

 
目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック
根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る