根本的な治療をしたい!
再発しづらい治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しづらい治療で根本から解決しましょう!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • 治療時間はわずか40分程度。高周波と超音波の力で臭いのもとを破壊!
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが、保険適用のため他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を目視で除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「しばた形成外科・内科」
しばた形成外科・内科
しばた形成外科・内科の公式サイトを見る

ワキガ治療は納得の病院選びがポイント!

セルフケアでは解消できないワキガは、専門の病院で治療することができます。ですが、ワキガ治療を行っているクリニックは「形成外科」「皮膚科」「美容外科」とたくさんありますし、治療法も病院によって異なっているんです。 自分に合った納得の治療を受けるためには、信頼できる病院を選ぶことが何より大事です。そこで、病院選びに役立ててもらえるように、ワキガ治療法の大きな種類とおススメのクリニックを一覧にしてご紹介します!

ワキガを治すための病院の選び方

信頼できる病院か

ワキガを治すためには信頼できる病院を選びましょう。見るべきポイントは、「所属医師の経歴や資格」です。例えば形成外科学会の会員であったり、大学病院や学会の技術指導医といった資格を有している医師がいるかどうかをチェックしましょう。

アフターケア

アフターケアに関することもしっかり確認しておきたいポイントです。施術が終わったらそれで終わりではなく、何らかのトラブルや不満、不安があった際に対応してくれたのか等もよく確認しておきましょう。治療方法には、ダウンタイムの伴う切開を要するものもあるので、術後のケアでどこまで対応してもらえるのかも気になるところですよね。聞いてみると丁寧に教えてもらえるはずですよ。

自分が行いたい施術方法

一言でワキガ治療といってもその種類は、たくさんあります。先ほど紹介した、皮膚を切開するかしないかもその1つ。更に切開する方法の中でも、切った皮膚の隙間から医療器具を挿入して施術を行う方法や脇の下の皮膚をひっくり返し、目視で治療を行う方法に分けることができます。
全てのクリニックでこれらの治療を全て受けられるわけではありません。病院ごとに得意な施術は異なります。そのため、自分である程度、どのような治療を受けたいのかを決めておいて、その治療法で施術ができるクリニックを選ぶのがおすすめです。

多汗症やチチガ、スソワキガなどの治療に対応しているか

ワキガの方は多汗症であることが多いといわれています。また、ワキガの原因であるアポクリン汗腺は陰部などにも多く存在しています。ワキガだけでなく、これらの症状への対応の可否もチェックポイントです。

ワキガ治療におすすめのクリニック6選

川崎中央クリニック

傷ナシ 腫れ・痛みナシ ワキガ スソガ チチガ 多汗症

川崎中央クリニック

住所
神奈川県川崎市川崎区駅前本町1-3 本田ビル3F
公式サイトでお問い合わせ

川崎中央クリニックの特徴

日本形成医外科学会の専門医でもある院長の南部医師が、カウンセリングからアフターケアまで一貫して対応してくれる安心と信頼のクリニック。
さまざまなワキガに対応できるよう複数の治療法に対応しており、特にウルセラドライやマイクロニードルドライ、ペアドライなど、切らない施術に特化しているところが特徴です。
中でもマイクロニードルドライやペアドライは多汗症の治療にも対応。ワキガだけでなく、多汗症も効率よく治療することができます。
施術後は通院中だけでなく、治療を終えた5年、10年後も気軽に相談できる環境を完備。
気になることがあれば24時間アフターフォローコールを利用していつでも相談できるので、初めての方でも安心して施術に臨むことができます。

川崎中央クリニックのワキガ治療の先生:南部正樹医師

保有資格(所属学会) 医学博士/サーマクール認定医/日本抗加齢医学会専門医/日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医/防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
対応施術 ペアドライ/ウルセラドライ/マイクロニードルドライ/剪除法

南部医師は切らないワキガ治療「ウルセラドライ」の生みの親です。この「ウルセラドライ」という施術は、米国の厚労省にあたるFDAの認可を受けた危機によって実施されます。
技術指導医といった資格も多数保有しており、ワキガ治療に関して深く幅広い知識と技術力を持っています。診察・手術・アフターケアまですべて対応してくれるので、治療を任せられる、信頼できる医師です。また、カウンセリングに力を入れており、患者の抱える悩みならどんなに小さなことでも応えてくれます。日本形成外科学会をはじめ、多くの学会に所属しており常に最新の技術と知識を学び続けている努力家な医師です。

しばた形成外科・内科

傷ナシ腫れ・痛みナシワキガ多汗症

しばた形成外科・内科

住所
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-18-14 プラーナ美しが丘1F
公式サイトでお問い合わせ

しばた形成外科・内科の特徴

形成外科をはじめ、美容外科や内科の診療も行っているしばた形成外科・内科。年齢に合わせた健康維持や若返りに繋がる施術を実施しています。ワキガの治療には「切る治療」「切らない治療」を用意することで、一人ひとりの症状に対応。地域に根差した医療を提供できるよう誠実に治療を行っているそうです。院長の柴田医師は、日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医や日本形成外科学会専門医の資格を持つ実力派ドクターです。

しばた形成外科・内科のワキガ治療の先生:柴田裕達医師

保有資格(所属学会) 日本美容外科学会正会員/日本美容医療協会正会員/日本形成外科学会専門医/日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医/北里大学医学部形成外科非常勤講師/横浜市立大学医学部形成外科非常勤講師
医学博士
対応施術 剪除法

Beauty&Healthをモットーに治療へ取り組む柴田医師。かかりつけ医として長く付き合っていけるように、患者との信頼関係を大切にしています。その証拠に特徴では「丁寧で優しい」と言った、柴田医師の人柄を表す声もあるのです。また、治療を行なうかたわらで研究論文の執筆を行なっており、ワキガ治療以外の幅広い分野の知識にも明るい医師だと分かります。

湘南美容クリニック 横浜院

ワキガ多汗症

湘南美容クリニック 横浜院

住所
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビル3F
公式サイトでお問い合わせ

湘南美容クリニック 横浜院の特徴

SBCグループの1つである湘南美容クリニック横浜院。SBCグループ代表が自らテレビCMへ出演してクリニックの宣伝をしているのを見かけたことのある人も多いのではないでしょうか。横浜院には外科・皮膚科の医師が揃っており、ワキガ・多汗症治療はもちろん、治療に合わせて専門ドクターが対応してくれます。また、横浜院には湘南美容グループのスタッフからも支持を集める医師も在籍。治療経験・手術経験の豊富な医師によるワキガ・多汗症治療を受けられるでしょう。

湘南美容クリニック 横浜院のワキガ治療の先生:長谷川裕之医師

保有資格(所属学会) 日本美容外科学会 会員/VASER脂肪吸引/コンデンスリッチファット(CRF)注入/脂肪注入の世界的権威/コールマン式脂肪注入法/ミントリフト認定医/サーマクール認定医
対応施術 ミラドライ/シェービング/剪除法

長谷川医師は豊胸手術・二重整形・鼻の整形など外科的な手術を得意とする医師です。剪除法と呼ばれる匂いの原因である汗腺を医師の目視確認により完璧に取り除く方法を長谷川医師の在籍する横浜院では採用しています。長谷川医師が剪除法を行なう場合、的確に匂いの原因を取り除いてくれるでしょう。また、レーザーを使ったミラドライと呼ばれる手術も行なっています。

横浜マリアクリニック

傷ナシ 腫れ・痛みナシ ワキガ 多汗症

横浜マリアクリニック

住所
神奈川県横浜市西区高島2-19-2 横浜神谷ビル4F
公式サイトでお問い合わせ

横浜マリアクリニックの特徴

横浜マリアクリニックは女性医師が治療を担当してくれるクリニックです。剪除法(せんじょほう)と言われる切る施術では、ニオイの原因といわれるアポクリン汗腺を1つずつ丁寧に除去。これまでのノウハウをもとに、傷跡の残りにくい治療をしてくれます。切らない治療には、ミラドライという電磁波をあてる専用の機器を使用。ミラドライは特に多汗症の治療に有効です。

横浜マリアクリニックのワキガ治療の先生:小林幸子医師

保有資格(所属学会) 日本皮膚科学会会員/日本美容皮膚科学会会員/日本抗加齢医学会会員/
対応施術 剪除法/シェービング法/ミラドライ

「医療美容を身近に」という信念のもとに治療を行なう小林医師。女性の心に寄り添って治療を進めてくれます。メディアでも活躍しており、美容医療業界のなかでも一目置かれる存在です。また、小林医師は患者が安心して悩みを相談できるように、リラックスできる空間づくり・女性目線の診療・慈愛の心を大切にする対応をしてくれます。人間の温かみ溢れる治療を受けられるでしょう。

新宿美容外科クリニック横浜院(旧:徳重クリニック)

保険適用傷ナシ腫れ・痛みナシワキガ多汗症

新宿美容外科クリニック横浜院(旧:徳重クリニック)

住所
神奈川県横浜市西区南幸2-20-11 NSビル7F
公式サイトでお問い合わせ

新宿美容外科クリニック
横浜院の特徴

徳重院長が逝去されたことにより廃院の運びになった徳重クリニックですが、医療法人社団泰聖会グループによって新しく「新宿美容外科クリニック横浜院」として開院。新宿美容外科クリニックの総院長を務める井上医師が治療を引き継いでいます。そんな新宿美容外科クリニック横浜院のワキガ治療は、主に切る治療法である「剪除法」と、切らずに治療できる「アキュシェーブ」の2種類。なかでもレーザーや内視鏡の機械を使用して治療するアキュシェーブは、ダウンタイムがほとんどなく傷も目立たないのが特徴です。

新宿美容外科クリニックのワキガ治療の先生:井上淳医師

保有資格(所属学会) 日本形成外科学会/日本美容外科学会会員/日本美容外科医師会会員/日本外科学会会員/日本形成外科学会 形成外科専門医/日本形成外科学会認定専門医
対応施術 剪除法/アキュシェーブ

井上医師は患者と真剣に向き合うことを大切にしている医師です。患者の要望をカウンセリングで的確に読み取り、高いテクニックで理想を実現、適正な料金設定で患者が満足できる治療を提供してくれます。ワキガ治療に限らず、悩みを解決するためには、医師と患者の意思疎通は大切です。井上医師は、患者にメリット・デメリットをしっかりと伝えてくれるため、治療内容について納得した上で適切な方法を選べるでしょう。

大口東総合病院

ワキガ多汗症

大口東総合病院

住所
神奈川県横浜市神奈川区入江2-19-1
公式サイトでお問い合わせ

大口東総合病院の特徴

腋臭症と多汗症の治療ができる総合病院です。美容系医療機関ではありませんが、美容外科もある病院です。ワキガに関する治療は形成外科で行われ、基本的に保険適用が出来る施術で行います。施術名はHPで公表されておりませんでしたので、気になる方は問い合わせてみてください
中小病院のため紹介状の必要がなく、すぐにワキガの治療ができる病院です。保険適用の治療は、ある程度効果が認められているため効果が高いことが期待できますし、費用負担も軽く済むのでおすすめです。
ワキガのほかに多汗症の治療にも対応しています。

大口東総合病院のワキガ治療の先生:長西裕樹医師渋谷麻衣医師北村翔医師

保有資格(所属学会) 日本形成外科学会専門医/日本頭蓋顎顔面外科学会専門医
対応施術 要問合せ

3名の非常勤医師が交代で診察を行っています。長西医師は日本形成外科学会専門医と日本頭蓋顎顔面外科学会専門医、渋谷医師は日本形成外科学会専門医の有資格者です。ワキガ治療は形成外科で行われるので、日本形成外科学会専門医が2人在籍する環境はワキガ治療が問題なく行えることを示しています。医師に対しての評価も良いものが見られるので、ワキガの治療を希望する人から、ワキガの治療はしたいが大学病院は避けたいという人に最適です。

ワキガ治療の施術について解説

ペアドライ

切らない施術
RF波と超音波の組み合わせで臭いのもとをやっつける!

ペアドライの特徴

ペアドライは、川崎中央クリニックのみでしか行われていない施術です。

「マイクロニードルドライ」と「ウルセラドライ」という2つの施術を掛け合わせて、ワキガの原因である「アポクリン腺」、「エクリン腺」を破壊し、ワキガを解消します。
アポクリン腺が分布する皮下3.0mm~4.5mmの層に2つの施術でアプローチできるため、再発のリスクが低く、効果も長期間続くとされています。

皮膚を切開しないため、傷跡が残ってしまう心配もありません。

ペアドライのリスクや副作用

注射のような機器を使用するため、痛みがあります。また、施術後はかさぶたが1~2週間ほどでき、その後は赤みが1カ月ほど出る場合があるそうです。また、医師の力量によっては照射漏れがあり、におぴが再発することも考えられます。

ペアドライの費用相場

自由診療のため30万円程度と言われています。

ペアドライの取扱クリニック

川崎中央クリニック

ウルセラドライ

切らない施術
FDA認可の機器による、高密度焦点式超音波治療

ウルセラドライの特徴

ウルセラドライは、川崎中央クリニックの南部医師が開発した治療法です。

ウルセラドライで使用されるのは、米国の厚労省に相当するFDAという機関から認可を得た信頼性の高い機器です。
汗腺の層に焦点を合わせ限局的な熱損傷を与えることによってわきがのニオイを抑えます。

高密度焦点式超音波治療は、前立腺がんや顔面たるみ治療にも用いられる治療です。

ウルセラドライのリスクや副作用

治療後、ヒリヒリとした感じや治療部位のむくみが出る場合があるそうです。ダウンタイムは当日〜翌日とされています。わきの皮下組織は熱傷をしたような状態となるので、激しい運動は避けなければなりません。また、医師の力量によっては照射漏れがあり、においが再発することも考えられます。

ウルセラドライの費用相場

自由診療のため30万円程度と言われています。

ウルセラドライの取扱クリニック

川崎中央クリニック

マイクロニードルドライ

切らない施術
FDA認可の機器による、高密度焦点式超音波治療

マイクロニードルドライの特徴

マイクロニードルドライは、川崎中央クリニックの南部医師が開発した治療法です。

マイクロニードルドライで使用されるのは、米国の厚労省に相当するFDAという機関から認可を得た信頼性の高い機器です。
汗腺の層に焦点を合わせ限局的な熱損傷を与えることによってわきがのニオイを抑えます。

高密度焦点式超音波治療は、前立腺がんや顔面たるみ治療にも用いられる治療です。

マイクロニードルドライのリスクや副作用

治療後、ヒリヒリとした感じや治療部位のむくみが出る場合があるそうです。ダウンタイムは当日〜翌日とされています。わきの皮下組織は熱傷をしたような状態となるので、激しい運動は避けなければなりません。また、医師の力量によっては照射漏れがあり、においが再発することも考えられます。

マイクロニードルドライの費用相場

自由診療のため30万円程度と言われています。

マイクロニードルドライの取扱クリニック

川崎中央クリニック

ミラドライ

切らない施術
切らない施術で最もメジャーなFDA認可の機器

ミラドライの特徴

ミラドライは2010年にはじめて、「切らないワキガ施術」としてアメリカから日本に輸入されました。

マイクロ波と呼ばれる電磁波をワキの下の皮膚に照射し、アポクリン腺の機能を破壊することで、ワキガのニオイを解消します。

手術ではないため、メスを一切使わないため、傷跡の心配もありません。レーザー治療で心配される火傷も、表面部に冷却をしながら汗腺に熱を加えるので、心配ありません。

ミラドライのリスクや副作用

照射箇所がジンジンと痛むことがあるようです。皮膚の内側は火傷を負った状態なので、長時間の入浴や激しい運動はしばらくは出来ないといわれています。

ミラドライの費用相場

自由診療のため20万~50万円程度と言われています。クリニックによって保障制度などを用意しており、それによって変わっていきます。

剪除法

切る施術
保険適用のクリニック多数!厚労省認可の切る施術

剪除法の特徴

保険診療で対応している病院・クリニックで、腋臭症として診断された上での治療であれば、保険を適用させた治療ができます。

ワキの皮膚を切開してはがし、医師の目視によってアポクリン線を切除していきます。医師の目視による治療なので、医師の高い技術力が問われることに気を付けましょう。

剪除法のリスクや副作用

切開をするので手術痕が残ります。また、縫合した部分がある程度安定するまでに2週間ほどの期間を要します。その間、激しい運動などはできません。人によっては患部の皮膚の突っ張りが気になるということもあるようです。

また、多汗症への対策にはならないため、注意が必要です。

剪除法の費用相場

自由診療で約30~50万円、保険適応で4万円ほどで両脇の手術を受けることができます。