ワキガ治療ガイドTOP » ニオイへの効果は?ワキガケア用アイテムを検証  »  ワキガは制汗剤で完治する?制汗剤の種類別に見るメリット・デメリット

ワキガは制汗剤で完治する?
制汗剤の種類別に見るメリット・デメリット

ワキガで悩んでいる人は、「手術をした方が良いのか…」「でも傷跡が残るのは嫌だ…」と悩んでいる人も多いと思います。できれば手術はせずに、制汗剤で治すことができれば嬉しいですよね。では、制汗剤でワキガは完治するのでしょうか?
制汗剤の種類やそれぞれのメリット・デメリット、オススメ商品、選び方についてまとめました。

基礎知識

目次

制汗剤の効果

結論から言うと、制汗剤だけの使用ではワキガを完治するのは難しいと言えます。なぜなら、制汗剤はあくまでも汗を抑制してくれるものであって、ワキガの治療薬ではないからです。ワキガはアポクリン腺から分泌された汗や皮脂の雑菌が合わさることで発生する臭いなので、制汗剤である程度汗を抑制して臭いの発生を抑えることはできるのですが、完全に臭いを消すことはできません。一時的に臭いが消えたと思っても、時間が経つと臭いが発生してしまう事がほとんどです。ただし、軽度のワキガの場合にはある程度効果を発揮してくれるので、制汗剤=ワキガには向いていないと言うわけではありません。

制汗剤の種類

制汗剤の種類は主に5種類あります。

  • スプレータイプ
    市販されているものも多く、「制汗剤と言えばスプレータイプ!」と、想像する人も多いでしょう。全身に使用できるので、とても手軽で使いやすいのが特徴です。
  • ロールオンタイプ
    ボール部分をコロコロ転がすと中の制汗剤が肌に付く仕組みになっています。しっかりと定着する為、効果が高いのが特徴です。
  • スティックタイプ
    直接肌に塗り込むタイプです。清涼成分が入っていないものが多いので、冬場の寒いときでも気にせず使えます。
  • ジェル・クリームタイプ
    肌にしっかり塗り込めるので、しっかりと効果を実感したい人に向いているタイプです。
  • シートタイプ
    部活終わりでも手軽に使えるシートタイプ。手軽に肌をすっきりさせてくれて、サラサラ成分が入っているものが多いので、肌のべたつきも気になりません。

それぞれのメリット、デメリット

上記に5つの制汗剤の種類を挙げましたが、それぞれのメリット・デメリットは何でしょうか?

スプレータイプ

メリット

  • 速乾性に優れている
  • 手軽に使える
  • 芳香剤感覚で使える

デメリット

  • 皮膚への付着率が低い
  • 制汗、消臭効果が低い
  • スプレーをしたときの音がうるさい

ロールオンタイプ

メリット

  • 薬剤がしっかりと肌に定着する
  • 効果が実感しやすい
  • べたつきが少ない

デメリット

  • 使うたびに肌に触れるので衛生面の心配がある
  • 乾くまでに時間がかかる
  • 毛が生えていると巻き込んで使いにくいことがある(主に男性)

スティックタイプ

メリット

  • 清涼成分が入っていないからスースーしない(冬場でも使いやすい)
  • 持ち運びに便利

デメリット

  • 使うたびに肌に触れるので衛生面の心配がある

ジェル・クリームタイプ

メリット

  • 必要な分だけ使える
  • ノビが良い
  • 必要な分だけ使えるので衛生的

デメリット

  • 速乾性がやや劣っている

シートタイプ

メリット

  • 拭き取るだけで肌がスッキリする
  • べたつきが気にならない

デメリット

  • 使用後にゴミが出る
  • 制汗作用はほとんどない

スプレータイプ

Agデオ

肌にピタッと密着して臭いの菌を雑菌し、汗の臭いを予防してくれます。また、汗の発生を抑える働きもあるので、軽度のワキガであればかなり高い効果を発揮してくれます。

ロールオンタイプ

Ag+

銀イオンで殺菌し悪臭分子を臭わない分子に変えて、汗の臭いを抑えてくれます。直塗りなので、しっかりと肌に密着し1日中臭いの発生を抑える働きがあります。

スティックタイプ

レセナ

他の制汗剤に比べて制汗力が強いものです。直塗りでしっかりと効果を発揮してくれるので、脇汗を良く描く人にもオススメです。また、とてもコンパクトなので外出先や旅行などの持ち運びにも便利です。

ジェル・クリームタイプ

クリアネオ

ワキガの原因菌を殺菌してくれる、重度のワキガに特に効果が期待できる制汗剤です。汗をかいても流れ落ちないので、夏場などの汗をよくかく時期でも安心して使えます。

シートタイプ

GATSBY バイオコア

防臭・殺菌成分IPMPを配合してり、ワキガなどの不快な臭いを長時間防いでくれます。爽快感が強いので、女性よりも男性向きの商品です。

選び方

臭いが特に気になる人は、肌にしっかりと密着するスティックタイプやロールオンタイプ、クリームタイプの方が良いようです。しかし、市販されているものはワキガの臭いを抑える力が弱いので、ネットなどで販売している「ワキガ専用」の制汗剤の方が効果を実感しやすいようです。

目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック
根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP