内服薬・外用薬

内服薬・外用薬とは?

ワキガの治療では、内服薬や外用薬が処方される場合があります。
基本的には汗の量を軽減する「制汗」作用のあるお薬ですが、他に細菌の繁殖を防ぐ作用のものや、自律神経に働きかけるお薬も使われています。

ワキガ治療方法
 

ワキガ治療「内服薬・外用薬」の特徴

ワキガが軽度・お子さまにオススメなワキガ治療

手術までいかない軽度ならお薬でも軽減可能。症状が軽度であったりお子さんのワキガ治療の時は、クリニックで内服薬や外用薬が処方される場合があります。
内服薬・外用薬ともに、基本的には制汗作用のあるものを使い、汗の量を抑えてニオイの軽減にもつながるのです。
ほかにも細菌の繁殖を抑える作用のある外用薬や、自律神経を整える内服薬なども治療に使われています。
手軽である反面、肌トラブルや口・目の乾き、尿の出が悪くなるなどの副作用の可能性があります。

内服薬・外用薬の処方

内服薬・外用薬はワキガの症状が軽度の方やお子様、手術を回避したい、ワキガによる精神的なストレスが強いなど、患者さんの状態を医師が見極めた上で処方されます。
肌に直接塗る外用薬にはかゆみや炎症といった肌トラブルが、服用する内服薬には、お薬によって口や目の乾き・尿の出が悪くなる・眠気やふらつきといった副作用の可能性も。
医師の指示に従って正しく服用し、何かあったらすぐに医師に相談しましょう。

服薬治療の費用

使用される薬剤によって差がありますが、およそ2,000円~5,000円くらいが相場です。

内服薬・外用薬のメリットについて

内服薬・外用薬には、主に三つのメリットがあります。

  1. ①即効性がある

    外用薬の制汗作用に即効性があることはイメージができると思いますが、内服薬もまた高い即効性を発揮します。服用して1時間後には、制汗効果を実感できるでしょう。

  2. ②多汗症には有効

    内服薬・外用薬は、ワキガへの効果は限定的であるものの、多汗症への効果は高いと言えるでしょう。ワキ汗の量が減ることで、ワキガの臭いも多少は軽減されることがあります。

  3. ③手軽にワキガ・多汗症対策ができる

    内服薬の服用、または外用薬の塗布だけなので、手術や注射による治療に比べて、とても手軽にワキガ・多汗症対策ができます。

内服薬・外用薬のデメリットについて

一方、内服薬・外用薬には主に3つのデメリットがあります。

  1. ①ワキガへの効果は限定的

    内服薬・外用薬、ともに汗を抑える薬です。ワキガの原因であるアポクリン汗腺の働きを軽減するものではありません。ワキ汗を抑えれば、ある程度はワキガの臭いも軽減しますが、完全に臭いをなくすことはできません。

  2. ②内服薬には副作用がある

    内服薬は、ワキ汗だけではなく、全身の体液の分泌を抑えます。唾液の分泌も抑えられることから、頻繁に水分を欲するなどの副作用が現れます。

  3. ③外用薬は肌への刺激が強い

    処方される外用薬は、主成分である塩化アルミニウムの濃度が高いため、人によってはかぶれや肌荒れを起こす恐れがあります。

内服薬・外用薬は、どんな人に向いてる?

内服薬・外用薬によるワキガ・多汗症治療は、お薬で発汗作用を抑制していく方法。多汗症でお困りの方に向いている治療法ですが、汗の量を減らすことでニオイの軽減も得られることから、わきがの治療としても取り入れられています。
しかしニオイの軽減は二次的な効果なので、症状が軽度の方に適しているといえるでしょう。
また成長過程にあるお子様の場合、体のことを考え、まずは内服薬・外用薬の使用で、症状の軽減をしていくことが多いようです。お薬の塗布や服用で症状を抑えますので、他の治療法に比べ手軽ですし、ダウンタイムや傷跡の心配もありません。
ですので本格的な治療を躊躇されている方や誰にも気づかれずに治療をしたい、という方にも向いている方法だと思います。ただ副作用のリスクは考えなければなりませんし、根本的に完治させる治療法ではないため、いずれ手術など他の治療法を受ける必要が出てくる可能性もあります。

口コミみんなの口コミ

赤や青の洋服も着られるようになりました

以前からワキ汗に悩んでいて、洋服も汗ジミが目立つ赤や青は避け、黒ばかりを着用していました。
クリニックで処方してもらった制汗クリームを使い始めてから、徐々に汗の量が減り始め、今は自分の乾いたワキを信じられない気持ちでみています。もう赤や青といった洋服も、気にせず着られるようになりました!

仕事や社会生活が自信を持って臨めるように!

長年ワキ汗に悩まされてきました。ワキ汗をかく、お風呂に入る、体が乾くまもなくまたワキ汗をかく…。
そんな無限ループのような生活をしてきましたが、クリニックの制汗剤ですべてが変わりました。ワキ汗を気にしなくて良くなってから、仕事はもちろん普段の社会生活にも自信を持って臨めるようになりました。

内服薬・外用薬を
取り扱っている病院リスト

聖心美容クリニック 東京院

聖心美容クリニック
住所 東京都港区六本木6-6-9 ピラミデ2F
アクセス 地下鉄「六本木駅」から徒歩3分
診療時間 10:00~19:00 年中無休
TEL 0120-911-935(9:30~20:00)
夜間受付(新規ご予約のみ)
0120-773-566(20:00~23:00)
※完全予約制
公式サイト

日本橋形成外科

日本橋形成外科
住所 東京都中央区日本橋本町2-4-12 イズミビルディング2F
アクセス 東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越駅前」A4出口より徒歩2分 COREDO室町並び
診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00(月水金)
10:00~14:00 15:00~19:00(木)
10:00~15:00(土日祝)
火曜日休診
予約TEL 03-6825-1712 ※完全予約制
公式サイト
 
目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック
根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る