ローラークランプ法

ローラークランプ法とは?

ローラークランプ法とは、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を、吸引によって直接取り除いてしまうワキガ治療法です。わきの下の上下に小さな傷口を作り、カニューレを挿入して、汗腺の組織ごと吸引します。傷口は約5mmと非常に小さいため、傷跡を残したくない方に最適な治療法です。

ただし、アポクリン汗腺の除去率は剪除法・皮弁法よりも低く、重度のワキガで悩まれている方には、効果が十分ではない可能性もあります。そのため、主に軽度のワキガを治療するために用いられる方法です。また、エクリン汗腺を多く除去することはできないため、多汗症の治療では適用されないことが多いでしょう。

ワキガ治療方法

ワキガ治療「ローラークランプ法」の特徴

ローラーつきの医療器具で効率的に汗腺を除去

ローラークランプ法は、「ロ―ラークランプ」という医療器具を使用しますが、この器具の仕組みによって、他の吸引法よりも効率的にアポクリン汗腺の除去ができるとされています。

ロ―ラークランプには、アポクリン汗腺を吸引する吸引棒の他に、皮膚を圧迫するローラーがついています。ローラーで皮膚を押さえながら皮膚についているアポクリン汗腺を吸引するため、吸引がしやすく、汗腺を根元から綺麗に除去することができるのです。

吸引棒でアポクリン汗腺を除去する方法は、血管などの組織を傷つける可能性が低いと言われています。そのため、出血量を抑えることができ、皮膚の壊死や色素沈着の可能性が低い治療法です。

ローラークランプ法の流れ

ローラークランプ法を行う時には、まず麻酔を行います。ほとんどの場合、麻酔は局所麻酔が利用されます。

麻酔が効いてきたらわきの下に傷口を作りますが、毛が生える部分の上下に2か所、5mmほどの小さな傷口を作ります。

傷口部分からロ―ラークランプを挿入。ロ―ラークランプはローラーと吸引棒、KBシースという傷口の保護器具がついていますが、体内に挿入するのは吸引棒のみです。

ロ―ラークランプのローラーで皮膚を表面から圧迫しながら、吸引棒でアポクリン汗腺を吸引します。吸引時間は30~50分程度です。

吸引が終わったらロ―ラークランプを引き抜き、止血と縫合を行い、テープなどで固定して終了となります。

ローラークランプ法の費用

ローラークランプ法は自由診療になりますので、保険が適用されません。施術にかかる費用は平均で、220,000円〜270,000円になっています。大手のルネッサンス美容外科医院では225,000円。共立美容外科では、302,400円となっています。

ローラークランプ法の施術時間は?

ローラークランプ法の施術時間はおよそ、1時間30分ほどかかります。時間がかかる理由としては、麻酔を行なった後に、ローラクランプを挿入し、ワキガの素であるアポクリン線を除去していくためです。
そのアポクリン腺を除去するのに、40分〜60分ほどかかるので、施術時間を合計すれば1時間30分ほどかかる計算になります。

ローラークランプ法のダウンタイムは?

ローラクランプ法のダウンタイムは2週間ほどと非常に短いのが特徴です。施術後は当日からでも、シャワーを浴びることができますし、圧迫固定も4日ほどあればとることができるので、ダウンタイムは短いと言えます。
ただし人によっては、内出血やむくみなども発生する場合があります。しかし、それらの症状は2週間もあれば完治しますので、安心してくださいね。

ローラークランプ法の再発率は?

ローラークランプ法は治療回数が1回で完治すると言われていますので、再発率はほとんど皆無と言えます。施術が1回で完治しますし、治療後の皮膚も綺麗なままを保てることができます。
ですので、1回の施術で完治させたいと思っている方や、脇の皮膚を綺麗なまま保っておきたいと考えている方にはおすすめです。

ローラークランプ法のメリットについて

ローラークランプ法のメリットは、主に3つあります。

  1. ①傷跡がほとんど目立たない

    ローラークランプ法では皮膚を切って傷口を作りますが、従来のワキガ治療と比較すると、その傷跡は僅かなものです。5mm程度の傷を2か所作るだけなので、時間が経てば、傷跡はほとんどわからなくなります。従来の切開が必要な方法では、わきの下に大きな傷跡が残っていたため、これは大きなメリットだと言えるでしょう。

  2. ②皮膚へのダメージが少ない

    ローラークランプ法はアポクリン汗腺を吸引しながら除去するため、皮膚に与えられるダメージを最小限に抑えることに成功。ロ―ラークランプについているローラーで、皮膚を押さえながら汗腺だけを除去するため、汗腺以外の場所にダメージを与える可能性が低く、皮膚の壊死や色素沈着などのリスクを軽減します。

  3. ③ダウンタイムが短い

    術後のダウンタイムは短く、治療を行った翌日から、シャワーや染髪など通常通りの生活が可能です。治療後には内出血やむくみがある場合もありますが、1週間から2週間程度でなくなります。圧迫固定は4日ほどで取ることができるでしょう。

ローラークランプ法のデメリットについて

一方で、ローラークランプ法には大きく3つのデメリットもあります。

  1. ①皮膚の状態によっては効果が十分発揮されない

    ローラークランプ法では、皮膚の組織が硬化している場合などは、充分な治療効果を実感できないことがあります。例を挙げると、何らかのワキガ手術を行った後、わきの下のニードル脱毛を長期間続けている場合などです。このような場合では、剪除法・皮弁法などで治療を行った方が良いでしょう。

  2. ②汗腺の除去率が低い

    従来のワキガ治療法である剪除法・皮弁法や、ハイブリッドシェーバー法などと比較すると、アポクリン汗腺の除去率は低いとされています。そのため、ワキガの臭いが強い方には向いていません。また、エクリン汗腺の除去を得意としていないため、多汗症の方では効果が実感できないこともあるでしょう。

  3. ③健康保険は適用されない

    ローラークランプ法は保険が適用されない治療で、自由診療となります。そのため、保険診療であるワキガ治療と比べると、手術料金は高めとなるでしょう。ただし、保険診療は治療を目的としていて、審美性を重視しないという特徴がありますが、自由診療は審美性を重視する治療のため、傷や見た目が気になるという方は自由診療がおすすめです。

ローラークランプ法が向いている人は?

ローラークランプ法は、美しい皮膚を残したいという方に向いています。ローラークランプ法による傷跡は、時間が経てば、至近距離で見なければわからないほどのものです。また、色素沈着などの可能性も低いため、綺麗な皮膚のままワキガを治したいという方におすすめでしょう。

また、大きな切開を必要としないため、術後の回復が早い治療法でもあります。そのため、仕事の休みが取れない方、すぐに日常生活に戻りたい方のワキガ治療に最適です。治療回数も1回のみなので、何回も通院する必要がなく、通院のための時間が取れないという方にも向いています。

最後に、脇の永久脱毛をしたいと考えている方にも向いています。ローラークランプ法は、アポクリン汗腺と一緒に、毛根や皮脂腺などのわき毛が生える組織も同時に除去できるため、永久脱毛の効果も期待できるからです。

口コミローラークランプ法の口コミ

ワキガの悩みがなくなって大満足!

ローラークランプ法を受けてから、汗の量が減って、ニオイもほとんど感じなくなりました。治療は麻酔が効いていたので痛みはありませんでしたが、治療後はしばらく腕の動きが不自由でした。少し痛みもあったので不安でしたが、2週間ほどですっかり良くなって、今ではワキガの悩みがない毎日に大満足しています。

ワキガで悩むことがなくなった

私は学校でワキガだということがばれ、友達が離れてしまった経験があります。当時の私はアルバイトでお金を稼ぐしかなかったので、必死にお金を貯めて、比較的安価であるローラークランプ法を受けました。
最初は不安でいっぱいでしたが、手術が無事終わり、効果があるのかを確かめてみる、どれだけ汗をかいても全く匂いがしないということが確認できました。
ローラークランプ法のおかげで学校で脇の匂いを気にしなくなりました。

ワキガの強い私には効果がなかった

私は重度のワキガを患っており、色々な治療を繰り返しては効果を感じることができませんでした。そこで、ワキガの治療を調べているときに、ローラークランプ法を見つけました。
内容もよかったので思い切って施術を受けてみることを決意。1時間30分の施術を終えて、効果を確認してみると、やはり私には効果がありませんでした。
ですので、もしも重度のワキガを患っている方は、ローラークランプ法はおすすめできません。軽度〜中度の方には向いていると思います。

ワキガの匂いが全くなくなりました

毎日満員電車に乗るたびにニオイが気になり、自分に自信を持つことができませんでした。ローラークランプ法は傷跡が残らないと聞いたので、治療を受けることに。本当に傷跡はほとんど残っていませんが、しっかりと効果は実感できています。ワキガの臭いが全くなくて、心が軽くなったようです。

1日中脇がさらさらでニオイも気になりません

10日ほど前にローラークランプ法を受けました。治療を受けてから、わきの下に汗をかくこともなくなり、1日中さらさらの乾燥した状態が続いています。もちろん、ワキガのニオイもすっかりなくなったので本当に嬉しいです。治療後は少し痛みがありますが、日常生活には支障がありませんし、もっと早く受けておくべきでした。

思い切って受けて本当に良かった

ローラークランプ法、少しお値段は高かったのですが、思い切って受けて本当に良かったです。手術をしてから汗の量が確実に減り、グレーのTシャツを着ることができるようになりました。傷は近くで良く見ないとわからないほどで、ニオイも全く感じません。ニオイの心配がない毎日は本当に快適です。

根本的な解決ができる!再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」のおすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療をやっているのはここだけ「川崎中央クリニック」
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの公式サイトを見る
切る治療「剪除法」のおすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療におすすめなのは他院に比べ格安の「さくらビューティクリニック」
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの公式サイトを見る

どんな治療がいいかお悩みの方に向けて治療料金や目的別にも治療方法を一覧で見れるようにしているので、チェックしてみてくださいね。

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP