吸引法

吸引法とは?

吸引法とはワキの上部を1センチほど切開し、そこから脂肪吸引などに使うカニューレという機器を差し込み、皮下脂肪ごと汗腺を吸い出す切る治療法です。
切開部分が小さく、ダウンタイムが短いのが特徴です。

ワキガ治療方法
 

ワキガ治療「吸引法」の特徴

切開部分が小さくダウンタイムが短い手術法

吸引法とはワキの上部を1センチほど切開し、そこから脂肪吸引などで使われるカニューレという医療機器を挿入。皮下の皮下脂肪ごとワキガの原因となる汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)を吸い出すという治療法です。
剪除法に比べて切開部分が小さいため、ダウンタイムが短い・傷跡が残りにくいといったメリットがあります。しかし、医師の目視下でおこなわれないため、取り残しによる再発の恐れがあることがデメリットです。

吸引法の流れ

ワキ全体に局所麻酔をおこない、麻酔が効いているのを確かめた後ワキの上部を1センチほど切開します。
そこからカニューレという脂肪吸引をおこなう医療機器を挿入し、皮下にある汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)を皮下脂肪ごと吸い出していきます。その後ボレロで圧迫固定し、手術は終了。
ダウンタイムは短く手術の翌日~3日後からはシャワーも可能で、仕事など日常生活への影響も少ないです。

吸引法の費用

吸引法は保険適用となる治療法です。保険適応では両脇で5万円ほど、自由診療では15万円ほどが費用相場となります。

吸引法のメリットについて

吸引法には、主に三つのメリットがあります。

  1. ①軽度~中度のワキガには改善効果が高い

    吸引法は、重度のワキガの改善には限界がありますが、軽度~中度のワキガであれば高い改善効果が期待できます。

  2. ②傷口が残りにくい

    切開する部分が1cm程度と狭いため、術後は傷口がほとんど目立ちません。時間とともに、口はほぼ目視できないほど薄くなります。

  3. ③ダウンタイムが短い

    切開部分が狭いことから、術後のダウンタイムは短めです。早い人ならば手術翌日からシャワーを浴びることも可能です。仕事や家事への支障も少ないでしょう。

吸引法のデメリットについて

一方で、吸引法には三つのデメリットがあります。

  1. ①汗腺取り残しによる再発の可能性がある

    剪除法と違って、医師は汗腺を目視できない状態で治療を行なうため、場合によっては汗腺の取り残しが生じてしまいます。汗腺の「根っこ」を取り残してしまった場合は、ワキガが再発する可能性もあります。

  2. ②保険診療で対応している医療機関が少ない

    吸引法は保険適用の治療なのですが、実際に保険範囲内として治療をしてくれる医療機関は極めて少ないようです。全額負担の自由診療と考えておいたほうが良いでしょう。

  3. ③ワキ多汗症の改善効果は薄い

    吸引法では、ワキガの原因となるアポクリン汗腺が除去できたとしても、ワキ汗の原因となるエクリン汗腺の除去は難しいとされています。

吸引法は、どんな人に向いてる?

吸引法は切るワキガ治療法の1つで保険の適用にもなる手術です。
同じ保険適用となる剪除法に比べて切開部分が小さいため、ダウンタイムが短いというメリットがあり、仕事や家事で長期間休むことが難しい方や、費用面で治療を躊躇されている方などには、向いている方法といえるでしょう。
また傷跡が残りにくく色素沈着も起きにくいので、術後の審美性が心配だとおっしゃる方にも、適しています。
ただ吸引法は、医師の目視下でおこなわれる切除法ではないため、どうしても取り残しのリスクが伴います。
ですのでワキガ症状が重度の方や確実に症状を改善させたい方などには、あまりおすすめできないかもしれません。
ワキガ症状が軽度~中程度の方で症状の改善を求められる場合、体への負担が少ない手術法である吸引法は、とても有効なワキガ治療法であるといえます。

口コミみんなの口コミ

特に夏場の汗とワキガ臭に困っていました

運動をしていたこともあり、特に夏場の汗とワキガ臭に困っていました。制汗剤とかで気をつけていましたが、Tシャツはいつも汗臭い状態…。
そこで思い切って、超音波吸引法でワキガ治療を受けました。術後3日くらいは痛みがありましたが徐々に落ち着いて、今はニオイを感じることがなくなりました。

家族もワキガで、将来を考えて手術を受けました

家族がワキガで、私も白いシャツなど脇に黄色い汗ジミができたりニオイもあったので、将来を考えて手術を決めました。
手術中は吸引する音がちょっと怖かったですが、なんとか乗り切りました。術後は痛みや肌の引き連れがありましたが、だんだん回復しています。
気にしていたニオイもない感じなので、手術して良かったです!

4日ほどの固定期間後は、問題なく生活しています

何年も前からワキ汗が多く、自分もニオイがするのでは?と気になっていました。
しかも気にするとさらに汗をかいてしまうという悪循環…。彼女のすすめもあり、治療を受けることを決めました。
手術後4日間ほど固定期間があり少々不便でしたが、その後は汗の量も減り、全然問題なく生活しています。

若い頃からのコンプレックスが改善されました

若い頃からニオイにコンプレックスを持っていて、他人に気づかれないようにと必死でした。
40歳を過ぎてようやく精神的にも経済的にも余裕ができ、思い切って手術を受ける決心をしました。
手術には不安もありましたが、コンプレックスだったニオイが改善されて、結果にはとても満足しています。

吸引法を
取り扱っている病院リスト

アイリス美容外科

アイリス美容外科
住所 東京都渋谷区渋谷3-16-2 ニュー三水ビル6F
アクセス JR「渋谷駅」東口・東急南口より徒歩5分/新南口より徒歩1分
診療時間 10:00~19:00 年中無休
予約TEL 03-5778-3666 ※要予約
公式サイト

曽我外科医院

曽我外科医院
住所 埼玉県さいたま市浦和区領家5-10-15
アクセス JR京浜東北線「北浦和駅」より徒歩15分/北浦和駅5番バス停より「浦高前」下車徒歩3分
診療時間 9:00~12:00 15:00~19:00(月・火・水・金)
9:00~12:00 15:00~17:00(土) 木曜・日曜・祝日休診
TEL 048-882-4950
公式サイト
 
目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック