ワキガ治療ガイドTOP » ニオイが気になる?多汗症とは  »  人気のある多汗症の治療方法とは?

多汗症の治療方法とは?

多汗症の治療は様々!自分に合ったものを探そう

多汗症に悩んでいるのであれば本格的な治療を受けるのも一つの選択肢です。ただ、そもそもどのような治療法があるのかわからない方もいるはず。そこで、多汗症の治療方法についてご紹介しましょう。

治療法は?

多汗症の治療方法

多汗症の治療方法には、次のようなものがあります。

塩化アルミニウム外用療法

手のひらや足の裏、脇の下の汗を抑えたい場合に選択されることが多い方法です。汗管を閉塞させる働きを持った塩化アルミニウム溶液を染み込ませることにより汗が出るのを抑えます。

ただし、こちらの治療方法の効果は長く続くものではありません。継続して使用しなければ効果は続かないので、一時的に汗を抑えたい場合に効果的な方法だといえるでしょう。

また、肌が弱い方には向いていません。まれに炎症が起きることもあるので信頼できる医師に相談しながら取り入れましょう。

イオントフォレーシス療法

保険適用の治療法で特に手のひらや足の裏から出る汗を抑えるのに効果的です。まず、汗を抑えたい部分を水道水に浸し、医療機器を使って弱い電流を流します。これにより発生した水素イオンが汗の分泌部に作用することによって発汗を抑えられるのです。

症状の重い多汗症だと思うような効果が得られない場合もありますが、塩化アルミニウム外用療法を試してみたものの変化がなかった方の中にもイオントフォレーシス療法が効果的なケースがあります。

塩化アルミニウム外用療法の場合は肌が弱いと選択できないケースもあるため、そのような場合もイオントフォレーシス療法が取れることが多いです。

ボトックス注射

こちらも塩化アルミニウム外用療法やイオントフォレーシス療法で効果が得られなかった場合などに選択されます。注射を使って交感神経の働きを抑える効果を持ったボツリヌス菌を注入することにより汗腺の働きを抑える治療法です。この治療法は特に脇の下の汗を抑えるのに効果的な治療法であるため、ワキ汗に悩んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。

注射による治療は少し不安に思うかもしれませんが、長くても20分程度で済む治療なのでそれほど大規模なものではありません。ただ、効果が永遠に続くわけではなく、長くても1年程度しか継続しないため繰り返し行う必要があります。

ドライオニック

ドライオニックとは、多汗症の治療を行うために開発されたアメリカ製の医療設備です。手のひらや脇、足の裏など発汗が気になる場所に電流を流すことで一時的に発汗量を減らすことができます。ただし、この製品は、国内に取り扱っている業者がほとんどいないため、利用する場合は、個人で輸入しなければなりません。塩化アルミニウムの治療と同様に個人差がある点も注意が必要です。

星状神経節ブロック

星状神経節ブロックとは、頚部にある交感神経を局所麻酔でブロックする方法で、軽度の多汗症や赤面症の治療などで行われることがあります。ただし、1度の治療ではほとんど効果を得ることができず、最低でも10回以上は治療を受けなければなりません。

胸部交感神経ブロック

この治療は、レントゲン透視をしながら、肋骨の隙間から背骨へと針を挿入し、濃度の濃いアルコールなどを注入して交感神経の機能を麻痺させることで汗が出るのを止める方法です。この治療方法は、効果が不確実なことや、数か月で効果がなくなってしまうことがあるため、ほとんど実施されていないのが現状です。[1]

[1]NTT東日本関東病院「多汗症の治療」

人によって最適な治療法が違う

多汗症の治療法は実に様々です。ご紹介したもの以外にも内服薬による治療や神経ブロック効果を持った注射、電磁波を使用した方法などがあるのですが、人によって最適な方法は違います。

自分が多汗症の治療でどのような方法を実践していくのかについては医師と相談をしながら決める形になるでしょう。治療にかかる費用や保険の対象になるかどうかも、選択するものによって異なってくるので自分にとって納得できるものを選ぶことが大切です。

精神的疾患を合併している場合には精神的苦痛を取り除くための治療薬などが選択されることもあります。どの方法が効果的なのか実際に試してみなければ正しく判断できない場合もあるので信頼できる医師を探してみましょう。

多汗症の根本的な対策はクリニックの治療

自分でもできる多汗症対策というのも、症状を改善させるには有効な方法。 でも、セルフケアでの対策は、一時的な効果に過ぎませんので、根本的な症状の解決には至りません。 多汗症は病院での治療で、治すことのできる症状です。 根本的な解決に向けて、クリニックでの治療も視野に入れましょう。

目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック
根本的な解決ができる!
再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」の
おすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療を受けるなら
川崎中央クリニック
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの特徴

日本形成医外科学会の専門医でもある院長の南部医師が、カウンセリングからアフターケアまで一貫して対応しているクリニック。
複数の治療法に対応しており、特にウルセラドライやマイクロニードルドライ、ペアドライなど、切らない施術に特化しているところが特徴です。
中でもペアドライは小さなお子様にも対応できるワキガ治療機器。再発しやすい子供向けに、一定額で何度でも再治療を受けられる保障制度が設けられている点も注目です。

所在地
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎5階
診療時間
9:30~20:00(土・日・祝日も対応)※完全予約制
TEL
0120-190-929
アクセス
JR「川崎駅」東口/京急「川崎駅」中央口より徒歩1分
切る治療「剪除法」の
おすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療が格安で受けられる
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの特徴

さくらビューティクリニックでは、ワキガ・多汗症治療をはじめ、美肌やエイジングケア、顔・ボディ・医療痩身や医療脱毛、など様々な診療を扱っています。
わきが治療においては、保険適用が認められている、「剪除法」も行っており、患者の希望に合わせた治療方法を提案してもらえます。
「剪除法」は、ワキの皮膚をしわに沿って切開して、目視でワキガの原因である汗腺を切除する方法で、ポピュラーな治療法でもあります。

所在地
北九州市小倉北区魚町2-2-19
診療時間
10:00~19:00 ※完全予約制
TEL
093-522-0050
アクセス
JR小倉駅から徒歩8分/北九州モノレール平和通駅から徒歩4分
ワキガ治療について

手術や注射、レーザー治療などでワキガを改善に導いてくれるのがワキガ治療です。

治療法として主なペアドライや剪除法、ボトックス注射などがあります。

標準的な費用は、ペアドライ33万円、剪除法・皮弁法(直視下摘除法)30万円、ボトックス注射10万円前後です。クリニックによって治療法や費用は変動しますので、詳しくは各クリニックにお問い合わせください。

ワキガ治療のリスク・副作用について

ペアドライのリスク・副作用として術後の赤みや黒ずみなどがあげられます。

剪除法のリスク・副作用として手術痕が残る、皮膚が突っ張る、安定するまで激しい運動が出来ない恐れがあります。

ボトックス注射のリスク・副作用として効果の持続期間が短い、濃度が的確でないと効果が出ないなどが考えられます。

クリニックの治療法によってリスクや副作用は異なります。詳しくは各クリニックにお問い合わせください。

未承認機器について

ペアドライ、ウルセラドライ、ビューホット、レーザー治療は未承認機器を使用した治療法です。国内で承認された機器には、ミラドライがあります。ウルセラドライはFDA認定を受けている機器です。入手経路についてはクリニックによって異なるため、詳細はクリニックへお問い合わせください。

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP

アナタはどっちで治療する?

切らない治療なら

川崎中央クリニック

切る治療なら

さくらビューティ
クリニック