デオドラントアイテム

ワキガにはどんなデオドラントアイテムがいいの?

お手軽な臭いケアアイテムとして利用されているのがデオドラントスプレーです。デオドラントスプレーは、市販のデオドラントスプレーと自作するデオドラントスプレーに分かれます。成分により働きが異なるので、内容をよく理解してから選ぶことが重要です。

肌が弱いなどの理由で市販のデオドラントスプレーを使いづらい方は、自作するデオドラントスプレーを試してみるとよいかもしれません。自作するデオドラントスプレーとして挙げられるのが、セスキミントスプレーやミョウバンスプレーなどです。これらのスプレーにはどのような働きを期待できるのでしょうか。作り方なども含め詳しく解説します。併せて、市販のデオドラントスプレーに含まれる成分についても解説します。

ワキガケア用アイテムを検証

汗の臭いが気になるときは
セスキミントスプレーに注目!

汗の臭いなどにお悩みの方には、セスキミントスプレーもオススメです。もちろん、汗の臭いなどは市販のデオドラントスプレーなどでも抑えられますが、これらの製品に配合されている化学物質が苦手な方もいるはずです。このような方には、セスキミントスプレーが適しているかもしれません。

セスキミントスプレーとは

セスキミントは、水にセスキ炭酸ソーダとミントを加えた水溶液です。この溶液をスプレーボトルに詰め込んだものがセスキミントスプレーです。

汗を中和するセスキ炭酸ソーダ

セスキミントスプレーに使用するセスキ炭酸ソーダは、家庭用洗剤などに利用されることが多い成分です。
具体的には、重曹と炭酸ソーダの中間的な物質といわれています。ナチュラル系の洗剤としてみた場合、水に溶けやすく刺激が少ない(弱アルカリ性)ので重曹より使い勝手は良いと評価されています。
セスキ炭酸ソーダには、油脂を乳化する働きやタンパク質を分解する働きなどがあります。つまり、皮脂や垢などを落とす働きなどが期待できるのです。

家庭用洗剤に使用される成分なので、ニオイのケアアイテムとして使用することに不安を感じる方がいるはずです。確かに、不安を感じてしまいますが、セスキ炭酸ソーダは入浴剤にも用いられている成分です。お風呂に加えるとお湯がまろやかになり身体が温まりやすくなるとされています。

臭いのケアアイテムとして用いた場合、弱アルカリ性のセスキ炭酸ソーダは、弱酸性の汗を中和してくれると考えられています。つまり、セスキ炭酸ソーダには汗をスッキリと落とす働きが期待できるのです。デオドラントスプレーなどの香りで汗の臭いをごまかすのではなく、汗そのものの臭いを取り除きたいと考えている方にオススメです。

爽やかな香りをプラスするミント

セスキミントスプレーに加えられるミントには、殺菌作用を期待できます。いわゆる「汗の臭い」は、汗に含まれる成分や汗と一緒に流れ落ちる皮脂などが雑菌に分解されることで生じます。ミントの殺菌作用で雑菌の働きを抑えられれば、汗の臭いも抑えられるかもしれません。また、ミントにはセスキミントスプレーに爽やかな香りをプラスする働きも期待できます。

セスキミントスプレーの作り方

セスキミントスプレーは次の方法で作れます。

  • 【用意するもの】
  •  1.水 50ml
  •  2.セスキ炭酸ソーダ 小さじ2分の1
  •  3.ハッカ油 少々(1滴で十分です)
  •  4.スプレーボトル 1本
  • 【作り方】
  •  1.スプレーボトルに水を入れる
  •  2.1にセスキ炭酸ソーダを溶かす
  •  3.2にハッカ油を溶かす

セスキ炭酸ソーダとスプレーボトルは100円均一ショップなどで購入できます。スプレーボトルは、ガラス製のものを使用してください。ハッカ油は通販などで購入できます。

セスキミントスプレーの使い方

セスキミントスプレーの使い方は、ハンカチなどにスプレーして汗でべとついた肌をふき取るだけです。もちろん、肌に直接スプレーしてふき取っても構いませんが、噴射量を調整しづらいのでハンカチにスプレーしてから使用するほうが使いやすいでしょう。汗の臭いが気になるときに試してみてはいかがでしょうか。

ミョウバンスプレーとは

ミョウバンスプレーは、水にミョウバンを溶かした水溶液をスプレーボトルに詰め込んだものです。
ミョウバンについては、下記を参考にしてみてください。

ミョウバンは、カリウム・アンモニウム・ナトリウムなどの一価イオンの硫酸塩と、アルミニウム・クロム・鉄などの三価イオンの硫酸塩とが化合した複塩の総称です。日本では、ナスの漬物の発色剤や中華麺の梘水(かんすい)など、食品添加物として用いられています。ミョウバンにはどのような働きを期待できるのでしょうか。
ちなみにミョウバンスプレーは、水にミョウバンを溶かした水溶液をスプレーボトルに詰め込んだものです。

出典:『明礬 ミョウバン』デジタル大辞泉の解説 コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E6%98%8E%E7%A4%AC-640276

雑菌の繁殖を抑えるミョウバン

ワキガの主な原因は、アポクリン腺から分泌された汗が皮脂と混ざりあい細菌に分解されることです。臭いのもとになる成分を含んだ特殊な汗が雑菌に分解されることでワキガ特有の臭いが発生します。

以上の原因から、ワキガの臭いを抑える方法として、汗をかかないことと雑菌の繁殖を抑えることが有効といえます。ミョウバンには収斂(しゅうれん)作用があります。収斂作用とは、タンパク質を変性させて組織を縮める作用です。この作用により、ミョウバンスプレーは汗を抑えると考えられています(ミョウバンが汗を抑える機序はわかっていません)。ミョウバンスプレーは、ワキガの臭いの原因になる汗を抑えることで臭いを抑えると考えられているのです。

ミョウバンスプレーには、雑菌の繁殖を抑える働きも期待できます。ミョウバンを溶かした水溶液は酸性に傾くからです。ミョウバンスプレーを肌に噴射することで肌を弱酸性に保つことが出来ます。これにより雑菌は繁殖しづらくなります。ミョウバンスプレーは、雑菌の繁殖を防ぐことでもワキガの臭いを抑えると考えられています。

消臭作用も期待できるミョウバン

ミョウバンは、アルミニウム・クロム・鉄などの金属を含みます。これらの酸化還元反応により臭いを中和する働きも期待できます。ミョウバンスプレーは、汗などによる臭いが発生したときに臭いそのものを消臭すると考えられています。

ミョウバンスプレーの作り方

3つの働きで臭いを抑えるので興味を持った方が多いはずです。ミョウバンスプレーは次の方法で作れます。

  • 【用意するもの】
  •  1.水 1000ml
  •  2.ミョウバン 30g程度
  •  4.スプレーボトル 1本
  • 【作り方】
  •  1.水にミョウバンを加えて溶かす
  •  2.スプレーボトルに1を注ぐ

水に溶けにくいときは、1日ほど放っておくと溶けるはずです。ミョウバンは、ドラッグストアなどで購入できます。

ミョウバンスプレーの使い方

ミョウバンスプレーの使い方は、ミョウバンスプレーを噴射したハンカチなどで皮膚を拭くだけです。ミョウバンスプレーを皮膚に直接噴射しても構いません。簡単に作れて使えるので、ワキガの臭いが気になる方は試すと良いでしょう。

デオドラントスプレーを使うなら
この成分に注目!

殺菌効果に優れている「銀イオン(Ag)」

もう一つおすすめの成分が、市販されているデオドラントスプレーの宣伝でも耳にする「銀イオン(Ag)」。
銀イオンには、ニオイの元となる細菌に対して高い殺菌効果があるので、ニオイを抑えるのに有効な成分です。

においの元に働きかける成分「柿タンニン」

におい対策の全般におすすめなのが、「柿タンニン」という成分です。
柿タンニンには、においの元と結びつき、におわない成分に変化させる働きがあるそうです。この殺菌力で、ワキガだけではなく加齢臭など様々なにおい対策で知られ、柿タンニンを使ったデオドラントアイテムがあります。気になる人は是非チェックしてみてください。

ミョウバンだけじゃない!おすすめの
デオドラントスプレーをチェック

ドクターデオドラント ミョウバンスプレー

消臭持続力に期待できるワキガ専門のスプレー

ニオイ対策専門ブランド「ドクターデオドラント」が開発した、ワキガ対策専用のデオドラントスプレー。
ワキガに効果を発揮するミョウバンを配合し、ニオイの原因から対策することで、消臭力と持続力を可能にした、ワキガ対策製品です。

ドクターデオドラント ミョウバンスプレー

引用元 : ラムズマ―クス公式サイト
(http://www.rams-marks.jp/category/item_detail/0506-01)

手軽に持ち歩けて効果有

手軽に持ち歩ける消臭スプレーを探していて、このスプレーを見つけました。ひと噴きするだけで、ニオイが気にならなくなった気がします。嬉しい!

汗臭かった主人が気にならなく

夏場など、毎日汗臭くなっていた主人が、これを使うようになってから付けている間は臭わなくなりました。1日1回でも効果があるとのことなので、経済的にも助かってます。

オールシーズン使えるのが良いです

肌に優しい商品ですし、オールシーズン通じて使えるのが良いです。スプレータイプなので家では妻と共有して使い、もちろん外出の時もバックに常備しています。

資生堂 Agプラス パウダースプレー

銀イオン(Ag)の殺菌効果でニオイを改善

資生堂から発売されている「Agプラス パウダースプレー」。
配合成分の「銀イオン(Ag)」が持つ高い殺菌効果によって、アポクリン腺から出るアルカリ性の汗と細菌が混ざるチャンスを与えず、ニオイの発生を防ぎます。

資生堂 Agプラス パウダースプレー

引用元 : 資生堂エージデオ24公式サイト
(https://www.shiseido.co.jp/ag/)

汗をかいてもニオイが気にならない!

暑い日や「今日は脇の下がひどく汗をかきそうだな」と思う日でも、Agプラスを前もってスプレーしておけば汗はかきますが、ニオイの方は気にならないです。

ニオイを抑える効果に期待

汗を抑える効果はあまりわからないのですが、ニオイを抑える効果はあると思います。私は朝着替える前にスプレーしています。

1回のスプレーで1日効果があります

ニオイが気になるので私はAgプラスを1年中使っていて、これがないと不安なくらいです。私の場合ですが、朝1回スプレーするだけでも1日中効果が続くので手放せません。

クリアネオ

敏感肌でも使えるのがうれしい「クリアネオ」

「クリアネオ」は殺菌成分と制汗成分をダブルで配合し、さらに消臭・殺菌効果のある「柿渋エキス」を加えたワキガ対策グッズです。
消臭効果の即効性に期待ができ、また余計なものは一切ない無添加(※香料・着色料(タール系色素)・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベン・紫外線吸収剤不使用)の商品なので、敏感肌の方にも使ってもらえる製品です。

クリアネオ

引用元 : クリアネオ公式サイト
(http://cleaneo.jp/?adcd=gty3bnwobpt&wapr=57300f4c)

冬でもあったニオイが軽減しました

冬でもワキガのニオイがあって、コートや靴を脱ぐのもためらうくらい悩んでいました。ところが、クリアネオを使い始めてから、ニオイの悩みが軽減!もう手放せません!

サラッとした肌触りが気持ちいい

シュッと出してみるとほんのり香りを感じますが、脇に使うと無臭になります。ベタベタもしないですし、さらった下肌触りに変わるので使っていて気持ちがいいです。

使ってすぐに、ニオイに効きます

汗臭くなってきたな、と思ったらすぐにクリアネオを使うようにしています。気になる場所にひと噴きして塗ると、ニオイが収まるような気がします。

目的別に選ぶワキガ治療のおすすめクリニック
根本的な解決ができる!
再発しない治療のすすめ

気になる臭いを消すためにデオドラント製品などを使っていませんか?そのような一時的な対策では根本の解決はできません。再発しない治療を通じて根本から解決しましょう!おすすめの治療はこれ!

切らない治療「ペアドライ」の
おすすめポイント
  • 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • わずか40分程度で再発せずに半永久的に効果が持続
  • 治療後の痛みや腫れがほとんどない
ペアドライ治療を受けるなら
川崎中央クリニック
川崎中央クリニック
川崎中央クリニックの特徴

日本形成医外科学会の専門医でもある院長の南部医師が、カウンセリングからアフターケアまで一貫して対応しているクリニック。
複数の治療法に対応しており、特にウルセラドライやマイクロニードルドライ、ペアドライなど、切らない施術に特化しているところが特徴です。
中でもペアドライは小さなお子様にも対応できるワキガ治療機器。再発しやすい子供向けに、一定額で何度でも再治療を受けられる保障制度が設けられている点も注目です。

所在地
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎5階
診療時間
9:30~20:00(土・日・祝日も対応)※完全予約制
TEL
0120-190-929
アクセス
JR「川崎駅」東口/京急「川崎駅」中央口より徒歩1分
切る治療「剪除法」の
おすすめポイント!
  • 皮膚は切るが他の施術に比べ低価格
  • 多くのクリニックで治療が受けられる
  • アポクリン汗腺を除去することで再発の可能性を抑え高い効果を期待できる
剪除法治療が格安で受けられる
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニック
さくらビューティクリニックの特徴

さくらビューティクリニックでは、ワキガ・多汗症治療をはじめ、美肌やエイジングケア、顔・ボディ・医療痩身や医療脱毛、など様々な診療を扱っています。
わきが治療においては、保険適用が認められている、「剪除法」も行っており、患者の希望に合わせた治療方法を提案してもらえます。
「剪除法」は、ワキの皮膚をしわに沿って切開して、目視でワキガの原因である汗腺を切除する方法で、ポピュラーな治療法でもあります。

所在地
北九州市小倉北区魚町2-2-19
診療時間
10:00~19:00 ※完全予約制
TEL
093-522-0050
アクセス
JR小倉駅から徒歩8分/北九州モノレール平和通駅から徒歩4分
ワキガ治療について

手術や注射、レーザー治療などでワキガを改善に導いてくれるのがワキガ治療です。

治療法として主なペアドライや剪除法、ボトックス注射などがあります。

標準的な費用は、ペアドライ33万円、剪除法・皮弁法(直視下摘除法)30万円、ボトックス注射10万円前後です。クリニックによって治療法や費用は変動しますので、詳しくは各クリニックにお問い合わせください。

ワキガ治療のリスク・副作用について

ペアドライのリスク・副作用として術後の赤みや黒ずみなどがあげられます。

剪除法のリスク・副作用として手術痕が残る、皮膚が突っ張る、安定するまで激しい運動が出来ない恐れがあります。

ボトックス注射のリスク・副作用として効果の持続期間が短い、濃度が的確でないと効果が出ないなどが考えられます。

クリニックの治療法によってリスクや副作用は異なります。詳しくは各クリニックにお問い合わせください。

未承認機器について

ペアドライ、ウルセラドライ、ビューホット、レーザー治療は未承認機器を使用した治療法です。国内で承認された機器には、ミラドライがあります。ウルセラドライはFDA認定を受けている機器です。入手経路についてはクリニックによって異なるため、詳細はクリニックへお問い合わせください。

Copyright (C)
なるほどワキガ治療ガイド
All Rights Reserved.

TOP

アナタはどっちで治療する?

切らない治療なら

川崎中央クリニック

切る治療なら

さくらビューティ
クリニック